演習道場【演習授業】対象:中1~中3

能力開発センターの
自立型・個別学習
コース

演習道場では集団の授業形式はとりません。一人ひとり、目標も現状も違うからです。演習道場では、目標達成のために個別学習プログラムを一人ひとりにつくっていきます。

そして、そのプログラムに沿って、学習を進めていきます。弱点はどこにあったか、どのような問題パターンか、その弱点はどのレベルまで克服されたか、ていねいに追いかけながら最新の情報によって最適なプログラムへと微調整をかけ学習の方針が出されていきます。

中学演習道場
勉強の仕方+豊富な演習量確保

学習システム

演習道場の学習方法は、まず学習する項目の重要ポイントを頭に入れる「要点整理」から始まります。まず、「ラーニング」プリントでテーマの解法の理解や暗記を行い、実際に解けるか、覚えたかを先生と確認します。そして、本当にできるか「ステップ」プリントを解き、自己採点します。全問正解すれば次のテーマに進み、一問でも間違えれば先生とできない所を確認し、「リトライ」プリントを解きます。また、宿題として「チェック」プリントがあり、次回来た時にできない・分からない問題の解説を受け、やり直しをすることで学力を引き上げます。

先生との相談の上テーマを決定し、無理なくテーマ理解と定着をはかります。

指導科目・コース

小学部 学習習慣づくり

「わかる」体験を積み重ねて自信を伸ばしましょう。
中学受験にも対応します。

苦手になることの多い算数の文章問題や、国語の読解問題も、テーマを細分化している演習道場の学習方法であれば、少しずつ理解を深めていくことで無理なく分かるようになります。また国立大附中、県立中、私立中受験にも対応します。受験に応じた個別の学習プランで応用力をつけ、志望校合格をつかみ取ります。

■科目 / 算数、理科、社会、小学英語から選択

中学部 第一志望校合格

1年生から高校受験を視野に入れた学習を。
“志望校合格力”を磨きます。

弱点を徹底的に埋める演習道場の学習を積み重ね、各科目ともバランス良く、どんな問題にも応用できる実力を身につけます。できるだけ早い時期から高校受験を意識した学習に入り、特に中学3年生の秋以降は実際の公立高校の入試問題を徹底演習。具体的な時間配分も含めて、入試実戦力の強化を図ります。

■科目 / 英語、数学、理科、社会から選択

演習道場での学習の進め方

演習道場での学習の進め方
無料体験授業はこちら