土日ゼミ【一斉授業】 ※西播校・広畑校・龍野校は平日開講となります。対象:小4~小6

学校の学習内容を
年3回くりかえし、段階的に
学力向上を目指します

土日ゼミは能開の基本となる「ゼミ」。 予習、授業、復習、テストを継続的にくりかえす ことで、学習内容の理解度を段階的に深め、学力を高めていきます。将来の大学入試において必要となる真の実力を、早い段階から育成します。

年間スケジュール

  • 小6は2回くり返し後、III期(1月~3月)に中学準備講座
  • 小5~小3は各学年範囲を年間3回くり返し学習
  • 小2・小1は各学年範囲を年間2回くり返し学習
  • 夏期・冬期・春期講習会で重要単元をくり返して集中学習
  • 夏は合宿において徹底復習とともに学習意欲の向上
  • 小5以下の生徒で、現学年の学習内容を通常よりも早く習得したと認められた生徒は、現学年よりも上の学年のクラスに編入することも可能です。(飛び級制度)

各学年の指導方針

小学1・2年

毎日の学習習慣を身につける

毎日机に向かう学習習慣を定着させます。ノートのつくり方についても、この時期からしっかりと指導していきます。授業では、学校よりも少し難度の高い問題にもチャレンジし、応用力も伸ばします。

小学3年

自ら考える力を養成する

自主的に学習を進める学習の基本姿勢の構築を目指します。自分の力でやりきる体験を通して、達成感を実感させながら、日々の学習に前向きに取り組ませていきます。

小学4年

基礎知識を定着させる

くり返し学習の徹底により、基礎力の強化を図りながら、応用力も伸ばしていきます。学習内容が難しくなる小5、小6で困らないように、関連する内容の基礎知識をしっかりとおさえていきます。

小学5年

ワンランク上の学習内容に取り組む

学習範囲が広くなり、内容も難しくなる学年です。小4までに身につけたくり返し学習を行いながら、さらにワンランク上の問題にも対応できる力を身につけます。

小学6年

中学入学に備えて

中学に入学すると、子どもたちを取り巻く学習環境は一変します。万全の状態で中学生活をスタートできるように、小学校内容の総復習と中学内容の先取り学習を行い、準備を進めます。

くり返し学習の効果

本当の意味での学力の定着、理解の深化には、「演習量」と「くり返し」学習が不可欠です。つまり、1度学習して「わかったつもり」になっていることが、2回、3回とくり返し学習することで、「確実にできる」へと変わっていくのです。

I期期間内に学年範囲を学習することになるので、学校よりもかなり先取りの学習をすることになります。1回目の学習時は、たしかに大変なことも多いと思われますが、 年3回のくり返しを行います ので、そのくり返しの中で確実に理解が深まり、学力が定着していきます。

また、能力開発センターのカリキュラムは単に同じ単元をくり返すのではなく、例えばI期ゼミでは学校で1学期に学習する範囲を、II期ゼミでは、2学期に学習する範囲をより重点的に学習することで、基礎→標準→応用へと発展させていきます。

高校入試で頻繁に取り上げられる重要単元は、ゼミや講習会で重点的に学習する年間カリキュラムになっています。

徹底した「予習型」学習で学力の定着をはかる「PLWT学習」

学習内容を確実に理解し、定着させるには、「予習型」学習が効果的です。予習で「できる」「できない」を事前に理解してから授業に臨むことで授業が復習となり、分からなかったことも理解しやすくなります。

復習は、家庭学習支援システム「ビットキャンパス」で、さらに定着を図ります。授業の前には、前回の履修範囲の「毎週テスト」を実施し、 内容を理解できたかどうかをチェックします。 この徹底した予習型学習「PLWT学習」で養成される「ひとりで勉強できる」姿勢は、高校受験、大学受験だけでなく、社会人になっても通用する、学習の基本姿勢となります。

各教室の時間割一覧

各教室の時間割一覧

無料体験授業はこちら