合格実績

旧七帝大 326名

東京大学55名

京都大学71名

名古屋大学40名

大阪大学88名

九州大学36名

北海道大学24名

東北大学12名

国公私立大 医学部医学科 180名

国公立大1,756名

金沢大学92名

富山大学49名

福井大学53名

岐阜大学43名

神戸大学97名

山口大学65名

熊本大学38名

長崎大学45名

早慶 124名

早稲田大学66名

慶応義塾大学58名

明青立法中 218名

明治大学58名

青山学院大学29名

立教大学18名

法政大学53名

中央大学60名

関関同立 1,710名

同志社大学369名

関西学院大学424名

立命館大学522名

関西大学395名

合格体験記

29川崎紫花_福井

藤島高校

多くの問題を解いて考え方が身についた

川崎 紫花 (福井大学教育地域科学部附属中学校) 中学部

私は、合格するためにはたくさんの学習量が必要だと思います。今年の県立入試の問題は傾向や構成が変化していて、本番はとても焦りました。それでも合格できたのは、多くの問題を解いたことで考え方が身についたからだと思います。それはどんな問題が出たとしても、必ず活かされています。また、多くの問題を解くと自分に自信がついて、本番のプレッシャーや緊張をはねのけることができます。もしそれができれば、集中して自分の力を最大限に発揮できると思います。
そして、私たちは問題を解く経験を能開での公立模試や百戦錬磨で山のように積むことができます。また、一日一日を丁寧に解き直しノートにまとめていくと、さらに大きく力をつけることができます。
だから、これから受験する皆さんには、「自分は受験勉強をやり切った」と思えるくらい、最後まで全力で努力してほしいと思います。自分の積んだ経験は、知らず知らずのうちに身についているものです。頑張ってください、応援しています。

2017年07月04日更新
31馬田玲奈_福井

藤島高校

高い志を持つことは一番大切だ

馬田 玲奈 (坂井中学校) 中学部

「自分がやってきたことは間違いない」。振り返ってみると、この言葉が私を支えていました。私は能開に入会したのが遅く、中三になってからは学校祭や生徒会活動に力を入れていたので、私が本格的に受験勉強を始めたのは夏休みの終わり頃でした。しかし、最初は手応えがつかめず、自分に力がついているのか確信できないでいました。そんな時、能開で、「受験は団体戦」と言われ、自分より高い志を持つ仲間の姿に刺激をもらいました。次第に自分がすごいなと思っていた仲間と打ち解けるようになり、そんな仲間も全力で努力をしていることを知り、仲間に追いつけるかは分からないけれど、私は私なりの努力を積み重ねていくことが大事だと思いました。
私の勉強法は、公立模試の解き直しです。演習量は自分の自信となります。私は、これから受験を迎える皆さんのお手本となるアドバイスはできないけれど、高い志を持つことは一番大切だと分かりました。私の合格は、どんな時も私の気持ちを受け止めてくださった能開の先生方や仲間のおかげです。最後になりましたが、今までお世話になった先生方、仲間たち、そして能開という素晴らしい場所に出会わせてくれた両親に感謝したいです。

2017年07月04日更新
30遠藤颯人_福井

藤島高校・北陸高校

中学受験が終わった時点で高校受験への道は始まっていた

遠藤 颯人 (福井大学教育地域科学部附属中学校) 中学部

僕が能開に入会したのは、中学受験を決意した小六の春でした。そこから四年間お世話になっています。中学受験が終わった時点で、すでに高校受験への道は始まっていたのだと思います。
僕には、特に変わった学習法があった訳ではありません。ゼミの翌日にWeb確認テストでの復習、残りの五日間で一教科ずつ課題をこなすという日常でした。教室では、ノートのまとめ方などのご指導もいただいていたのですが、正直、僕のノートはそれほど立派なものではなかったと思います。ただ、問題の演習量においては、「テキストは全部解く」と決め、常に一定の量はキープしてきたつもりです。それは、学校の定期テスト前も同様でした。
受験が近づいてきたと意識し出したのは、中三の夏の合宿が終わり、クラスの数が増えてきた頃でした。新しいライバルたちの存在が、僕のモチベーションを高めてくれました。「受験は団体戦」という言葉を、いつも先生方から聞いていましたが、受験が終わった今、それを実感しています。
こんな僕が後輩の皆さんに言えることは、「とにかくたくさん問題を解こう」ということです。それがあなたの自信へとつながります

2017年07月04日更新
32酒井彩名_福井

福井大学教育学部附属義務教育学校

Web確認テストとテスト直しはできるだけ早くする

酒井 彩名 (東藤島小学校) 小学部

私は小三の冬に能開に入って、特にWeb確認テストとテスト直しを頑張りました。
Web確認テストでは、分からない問題があったら、家族や先生に分かるようになるまで説明してもらって、次は全問正解できるようにしました。
テスト直しでは、帰ったらすぐに丸付けをして、間違えたところは先生に教えてもらったりしました。
また、私は夏合宿にも行きました。私は初めて会った人としゃべるのが苦手だったので、最初はとても不安だったけれど、何日かしたらすぐにしゃべれるようになりました。そして、合宿で模擬入試が不合格となり、その悔しさで今まで以上に頑張れました。
私は、Web確認テストとテスト直しなどをできるだけ早くすることが大切だと思います。そして、人と話すのが苦手でも自分から話すようにしたり、合宿に行ったりして、誰とでも話せるようになるのが大切だと思います。

2017年07月04日更新
33山本桜子_福井

福井大学教育学部附属義務教育学校

コツコツと努力し続けて目標に向かう

山本 桜子 (立待小学校) 小学部

私は小六の春からゼミに通い始めました。最初の頃は宿題をこなすのが精一杯でした。成績もあまり上がらず、少し焦る気持ちがありました。でも、能開に通ううちに、同じ目標を目指す友だちができて、私も頑張ろうと思うようになりました。
私は通常テストの直しや、宿題の問題の直しをきちんとすることにしました。受験の前には、直しをしてきたノートを見返して、何度も解いたりしました。その成果があってか、直前のEXオープン模試では成績が上がり、とてもうれしかったです。
私のことを応援してくれた家族や先生のおかげで最後まで目標に向かって頑張ることができました。これからも、コツコツと努力し続けて目標に向かって頑張り続けたいと思います。

2017年07月04日更新
34井上創太_福井

高志中学校

自分自身を信じて頑張る

井上 創太 (岡本小学校) 小学部

私は、小四の時に受験勉強を始めました。なぜなら、高志中学校生になった二歳年上の兄のように受験に合格して、高志中学校に入りたいと思ったからです。また、将来の夢に近づける一番のチャンスだとも思いました。
私は、去年の夏に合宿に行きました。そこで、模試というものを初めて味わいました。合宿が終わってから、いつもは何も目的を持たずに勉強をしていましたが、しっかりと目的を持って勉強するようにしました。勉強は何事にも興味を持つことが大事だと思い、知らなかったことは深いところまで調べて覚えたり、体験をしたりすることで知識を広げていくことができました。合宿の後はEXオープン模試やその他の模試などで力をつけていき、本番の一週間前には今までとったノートを全て見返すことや、自分の苦手な問題を何回も復習していたので、自信を持って本番に臨むことができ、準備万全の状態でした。また、自分でも驚いたことに大きな緊張もなく受けることができました。
本番で焦ると、それが失敗につながってしまいます。今までやってきた勉強を思い出し、焦らず落ち着くと、必ず合格できると思います。自分自身を信じて頑張ってください。

2017年07月04日更新
35北野舜祐_福井

高志中学校

見返したくなるようなノートづくりにこだわった

北野 舜祐 (神明小学校) 小学部

僕は、小六の春から能開に通い始めました。最初の頃はどうやって勉強すればいいのか分かりませんでしたが、他の人のノートを見せてもらったり、絵を使ったりして見返したくなるようなノートづくりができるようになりました。
能開で僕が特に頑張ったと思うのは、ノートまとめです。見やすくするために、色は黒と赤、青、緑の四色のみ。たった四色ですっきりと見やすく、何が重要なのか分かりやすくなります。さらに、棒人間で上下関係やポイント、立場の移り変わりが分かりやすくなります。
能開での一番の思い出は合宿です。僕は周りの人のほとんどが中学受験合宿に行くのに、たった一人だけ「南の島の大冒険合宿」に行きました。不安はありましたが、逆に気が楽になったことでメリハリをつけられるようになりました。群青に染まった海、新緑が輝く森、美しい自然をたくさん見ることができて、よい経験になりました。
僕が合格につながったと思うのは読書です。たくさん本を読んだことで語彙が豊富になりました。そして、作文や解き方、考え方を書く時、スラスラ書けるようになりました。

2017年07月04日更新
無料体験授業はこちら