能力開発センターの英語教育

「英語4技能」を育てます

文部科学省は2020年から新しい大学入試制度を導入する方針を打ち出しています。英語については、これまでの入試では「読む(Reading)」「書く(Writing)」ことが主に判定されていましたが、それに加えて「聞く(Listening)」「話す(Speaking)」といった英語のコミュニケーション能力も測られるようになり、本格的に4技能すべてに習熟することが必須となります。
能力開発センターでは新しい入試制度に向けて、「4 Sills English講座」「レプトン」を開講しています。小学生の段階から「英語の4技能」を段階的に伸ばすことで、本物の英語力を身につけていきます。

ネイティブ講師およびそれに準ずる英語力を有する日本人認定講師による本格的な英語講座です。
2020年大学入試改革において、英語の試験は「読む・聞く・書く・話す」の4技能が判定されるようになります。この講座では、通常の英語ゼミ授業で学習する内容に加えて、英語による発表や英文の音読、リスニングテストなどを取り入れ、英語の4技能を総合的に伸ばしていきます。

4 Skills English講座の特長

■授業はすべて英語で行います
■生徒たちはグループになり、意見交換や話し合いをしながら学習を進めます(アクティブラーニング)。
「協働」する中で、学力に加えて「思考力・表現力・判断力」も伸ばしていきます。

日本人講師による英語通常ゼミ授業

日本人講師による英語通常ゼミ授業

4 Skills English講座

4 Skills English講座

4 Skills English講座の特長

スピーキング

ゼミテキストで学んだ内容に基づいて、英語によるインタビューや英語による発表を行います。

リスニング

ゼミテキストを元にして、リスニングテストを実施します。

ライティング

課題テーマ・質問について、自分の意見・答えを英文で書く練習をします。リスニングテスト形式で、ネイティブ講師が発音する単語や英文を書き取る練習を行います。

リーディング

ゼミ授業で出題された文章を声を出して読みます。

家庭学習も充実

スピーキング・リスニング

ビットキャンパスでネイティブ講師の発音を聞いて、自宅で「スピーキングトレーニング」「リスニングトレーニング」ができます。

ライティング

課題テーマ・質問について自分の意見・答えを英文で書きます。提出された英文の文法、単語を講師がチェックして、次回の授業で返却します。

Leptonは、2020年の大学入試改革で重要な評価基準となる英語の4技能をバランス良く養う、能開の英語プログラムです。その4技能の判定試験として大学入試に導入を検討されているのがTOEFL iBT®などの世界標準のコミュニケーション英語能力テスト。Leptonでは、それらのテストの高得点につながるレベル別テキストを用いて、「読む・聞く・書く・話す」の4つの能力を総合的に伸ばします。生徒一人ひとりの力に合わせた個別指導で、無理なく着実に、楽しく英語力を身につけていきます。 小1から中2まで継続して受講できる本格英語習熟プログラムです。

Leptonの特長

■一人ひとりの英語力に合わせたレベルから、いつでもスタートできます。
■「読む」→「聞く」→「書く」→「話す」のプロセスに沿って自ら学習を進めることで、
学自習の姿勢も養っていきます。

Leptonで身につく英語の「4技能」

レプトン授業

まず“聞く”力を鍛えることが何より重要。
「テキスト」に基づいて自ら学習を進めます。

聞いたことを声に出して発音する、発音したことを書く、書いたものを読む、という手順を繰り返し、テキストに基づいて学習することで、TOEFL iBT®などに対応していきます。

英会話

ネイティブスピーカーの指導による「英会話」

幼児から小学生にかけての吸収する能力が高い時期に、ネイティブの先生から直接英語教育を受けることは大きな差を生みます。「英会話」の時間は、生活の中の様々なシーン別の英会話を学び、生活の中で実践できる「使える」英語を身につけていきます。

英語力測定

JET

学んだ英語の理解度を確かめる
TOEIC®TestやTOEFL iBT®に直結した小中学生向けのテストで、Leptonでの達成度評価に導入しています。家庭や学校など、子どもたちの日常生活場面における「読む・聞く・書く・話す」の4技能を測定する内容が出題されます。定期的に受験することで、Leptonで学ぶ英語の理解度の確認、目標設定に役立てることができます。

スピーチコンテスト

表現力・プレゼンテーション能力を磨く
英語学習の成果発表の場として、年に1回「スピーチコンテスト」を実施しています。英語を使ったスピーチを通し、言葉やジェスチャーで表現する力や、プレゼンテーション能力を鍛え、英語で話す自信をつけていきます。物語を音読するReading部門と、一つのテーマに沿って作文するFree-speech部門に分かれています。

無料体験授業はこちら