合格実績

2018年

合格

公立高校

熊本高校3名

済々黌高校2名

第一高校3名

熊本北高校3名

必由館高校2名

玉名高校7名

宇土高校1名

八代高校2名

伝習館高校2名

三池高校2名

有明高専1名

熊本高専1名

久留米高専1名

中学

熊本大学附属中学2名

宇土中学6名

八代中学1名

玉名高校附属中学5名

大牟田中学10名

マリスト中学2名

文徳中学4名

旧七帝大 326名

東京大学55名

京都大学71名

名古屋大学40名

大阪大学88名

九州大学36名

北海道大学24名

東北大学12名

国公私立大 医学部医学科 180名

国公立大1,756名

金沢大学92名

富山大学49名

福井大学53名

岐阜大学43名

神戸大学97名

山口大学65名

熊本大学38名

長崎大学45名

早慶 124名

早稲田大学66名

慶応義塾大学58名

明青立法中 218名

明治大学58名

青山学院大学29名

立教大学18名

法政大学53名

中央大学60名

関関同立 1,710名

同志社大学369名

関西学院大学424名

立命館大学522名

関西大学395名

合格体験記

001

済々黌高校

自分を追い込むと、勉強に集中できた

畑中 希栞 (白川中学校) 中学部

私は部活が終わるまでずっと勉強をしていなかったので、志望校には届かないと言われていました。内申点も悪かったので、とにかく点数を他の人以上に取ることだけを考えて勉強しました。周りの人たちには難しいと言われ続けていましたが、周りの人たちの言葉はあまり関係ないと思います。みんなには馬鹿にされましたが、私は済々黌高校に行くといろいろな人にとにかく言って、自分を追い込むと、やらざるを得なくなってとても勉強に集中できました。たまに自分が勉強していることが本当に正しいのか心配になる時があります。けれど、その心配している時間が一番無駄だと思います。言われたことをただ無心にこなすだけでいいと、私は受験を通して思いました。受験勉強を始めたのは中三の夏休みからで、それまでは学力は平均以下でした。みんなよりも厳しい戦いになることは分かっていましたが、落ちるかもとか、落ちたらどうしようとか思ったことはありません。自分は絶対受かると思っていたし、志望校の制服を着ている私しか想像していなかったので、自信というものは本当に大事だと思います。つらい時はたくさんありましたが、諦めるのが一番つらいと思います。何も考えず、ひたすら勉強することです。

2018年07月04日更新
001

八代高校

一回習ったことをもう一回することで身についた

近藤 大暉 (八代第四中学校) 中学部

僕は中三の中体連まで野球を頑張ってきました。僕は中一の時から行きたい高校があり、そこに合格するためには塾に行かないといけないと思い、能開に夏期講習会から入りました。能開に入った当初は、ただ右往左往していただけだったけれど、能開の先生方に丁寧でレベルの高い授業をしていただいたおかげで八代高校に合格することができました。講習会では一回習ったことをもう一回するのでとても身につきやすいです。正月特訓では、違う校舎の人たちと一緒に授業を受けたり、校舎対抗で英単語テストを受け、よきライバルとなりました。これからは全ての教科が難しくなり、大変になるけれど、能開で学んだ予習をすることを高校でも続けていき、国立大学合格に向けて頑張ります。今まで僕が頑張ってこられたのは、やさしく丁寧な授業をしてくださる先生方や、バランスのよい食事を作ってくれる母のおかげです。本当にありがとうございました。受験勉強は本気で取り組まないとだめです。やらされている勉強では自分の身にならないと思います。来年受験を控えている皆さんは、何事にも本気で取り組み、合格を勝ち取ってください。

2018年07月04日更新
001

八代中学校

復習に重点を置いて勉強する

川口 創 (泉小学校) 小学部

僕が本格的に受験勉強を始めた時期は、夏休み前からでした。きっかけは学校説明会の体験授業です。その時の授業に衝撃受けると共に、夢中になりました。時間を忘れて取り組むことができ、「ここで勉強したい」と強く思い目標が固まりました。続いて、僕の勉強法は復習に重点を置いたところです。予習はゼミの宿題でやっているので、前にゼミの復習を特に頑張りました。結果、公式などもほとんど覚え、適正検査の問題も解ける数が段々と増えてきました。他には、勉強前にヒーリング系の音楽を聴くことも集中力アップに効果的でした。また、早朝勉強もお勧めです。朝に勉強することで内容を忘れることをなくすことができます。アドバイスとしては、勉強時間の四分の一ほどを本や新聞を読む時間にすることです。特に適性検査では、答えが一つ以上ある場合があり、様々な視点で物事を考えることが必要です。なので、本を読んだり、新聞を読むなどのことをしてほしいです。受験勉強は本当に大変ですが、その先には大きな喜びと味わったことのない達成感が待っています。応援しています。頑張ってください。

2018年07月04日更新
001

玉名高等学校附属中学校・文徳中学校

努力は必ず結果についてくる

阪西 里沙 (伊倉小学校) 小学部

私が本格的に受験勉強を始めたのは、小六になったばかりの時です。そのきっかけは、中高一貫の学校に行くことによって、大学受験への準備をたくさんできると思ったことです。私が入試までに取り組んだ勉強法は、新しくノートを作り、参考書に載っていた「入試のポイント」をまとめたり、「入試によく出る問題」を解いたりしたことです。そういうことをやっていくうちに、自分の知っていることも段々増えていきました。皆さんも努力したことは必ず結果についてきます。しっかり努力していきましょう。

2018年07月04日更新
001

玉名高等学校附属中学校・文徳中学校

決められた時間で集中して勉強をする

的石 竜之介 (玉名小学校) 小学部

僕が本格的に受験勉強を始めた時期は、小六の初め頃です。そのきっかけは、祖父から勧められ、自宅から近い学校について調べたことから始まりました。僕の勉強法は、勉強をする時間を決め、その時間内に精一杯集中してやるというものでした。なぜ、このような勉強法で取り組んだのかというと、集中しないと、いくら長時間勉強をしたところで、その勉強の内容は頭に入ってこないからです。だから、ダラダラと長時間勉強をするのではなく、決められた時間で集中して勉強をするのがお薦めです。そして、受験当日は、今までの勉強してきた時間を自信へと変え、落ち着いて取り組むことができました。皆さんも受験へ向け、一つ一つの課題をしっかりとこなし、積み上げたものに自信を持ってください。

2018年07月04日更新
無料体験授業はこちら