合格実績

旧七帝大 326名

東京大学55名

京都大学71名

名古屋大学40名

大阪大学88名

九州大学36名

北海道大学24名

東北大学12名

国公私立大 医学部医学科 180名

国公立大1,756名

金沢大学92名

富山大学49名

福井大学53名

岐阜大学43名

神戸大学97名

山口大学65名

熊本大学38名

長崎大学45名

早慶 124名

早稲田大学66名

慶応義塾大学58名

明青立法中 218名

明治大学58名

青山学院大学29名

立教大学18名

法政大学53名

中央大学60名

関関同立 1,710名

同志社大学369名

関西学院大学424名

立命館大学522名

関西大学395名

合格体験記

01桑原 望来2

東海高校・岐阜高校・鶯谷高校

「解ける」という自信を自分につけた

桑原 望来 (穂積中学校) 中学部

受験勉強は早ければ早いほど有利です。特に数学と英語。これら二つの教科は部活が終わってから本気でやっても入試問題を解くことが難しくなってきます。なかなか成績が上がってこない時期ももちろんあります。しかし、努力をしていれば、急に問題が解けるようになります。僕はそれを合宿の時に実感しました。周りが全員トップレベルの人たちばかりだったという環境の影響ももちろんあったと思います。しかし、数学、英語の授業についていくことができ、さらに自分から進んで難しい問題に取り組めるようになりました。自分を大きく成長させてくれたのが合宿です。その合宿で、「解ける」という自信を自分につけることができるようになりました。
初めに書きましたが、受験勉強は早い者勝ちです。始めた時は早過ぎなのではないかと甘えたくなる気持ちが出てきます。その甘えに負けることなく頑張れば、三月にいい思いをできると思います。

2017年07月04日更新
02小林 亜希

滝高校・岐阜高校・鶯谷高校

早く始めた人からより遠くのゴールに辿り着ける

小林 亜希 (岐阜中央中学校) 中学部

私は高校受験合宿に参加するまでは、「まぁ大丈夫だろう」という根拠のない自信がありました。合宿で行われた模擬入試では、上から二つ目の高校を受験しましたが、結果は不合格でした。それによって私にあった根拠のない自信は全て不安へと変わりました。合宿を終えてから、「このままではいけない」という意識がようやく芽生え、周りの人より一歩遅い段階で受験勉強をスタートさせました。もちろん、やればやるほど成績は上がりました。けれど、スタートの時点で大きく差があった人たちとは、まだ大きな差があり、最後のEXオープン模試でも岐阜高校の合格判定はBでした。本番の結果は受験した高校にすべて合格することができましたが、もっと早くスタートを切っていたら、もっと高いランクの目標を持ち、叶えることができたと思います。受験のスタートはどれだけ早く切ってもよく、早く始めた人からより遠くのゴールに辿り着けると思います。根拠のない自信は捨てて、自分の目指すゴールに辿り着いてください。

2017年07月04日更新
山崎稜太

岐阜高校・鶯谷高校

希望を捨てない人にだけ道が開ける

山崎 稜太 (長良中学校) 中学部

私は高校受験合宿から本格的な勉強をスタートしました。それまでの私は、勉強がとても嫌で、集中して取り組めませんでした。しかし、合宿を通してライバルと点を競い合って力をつけられました。この人だけには勝ってやるというライバルを見つけて、負けないように努力することで確実に力がついていきました。切磋琢磨という言葉のように、自分もライバルもどんどん実力をつけていって、自然と勉強できるようになりました。それでも成績が伸びなくなってしまう時期というのがあり、諦めそうになることが何度もありました。しかし、希望を捨てないで、自分に自信を持つことで、特待をもらえたり、岐阜高校に合格できたりしました。何かを得るために何かを我慢するということが絶対に必要になってくるけれど、受かってやるという強い意志を持てば何だってできると思います。
後輩の皆さんには、ライバルを見つけることをしてほしいです。そうすれば、勉強が少し楽しくなると思います。そして、最後に頼れるのは自分だから、自分にたくさんの自信を持って堂々としてほしいです。希望を捨てない人にだけ道が開けるので、やれることをしっかりとやり切ってください。

2017年07月04日更新
03長良 大島海奈

岐阜高校・鶯谷高校・滝高校

自分の弱さに負けず、気を緩めない

大島 海奈 (岐北中学校) 中学部

私は小五から能開に入りました。入ったばかりの頃は、圧倒的な勉強量に驚きました。時には嫌になって宿題をやらなかったこともありました。しかし、勉強をするという習慣が身につき、今では勉強をするのが当たり前になりました。この習慣が、受験生という立場になって活かされました。
一日最低五時間、休日最低十時間という厳しい条件にも立ち向かうことができました。また、合宿では自分よりも高いレベルの人がいる、ということを知ることができ、よい刺激になりました。しかし、五日目に行われた模擬入試では、一つレベルの低い高校を受けました。落ちるのが怖かったからです。結果は、特待合格でした。でも、うれしくありませんでした。自分の弱さに負けたので、自分の中では不合格でした。合宿が終わってからは心を入れ替え、それまで以上に勉強に励みました。難関私立講座も受け、高いレベルの問題にも挑戦しました。そして、自分でも思ってもみなかった高校に合格することができました。一つ合格したからといって、気を緩めることはできませんでした。第一志望の入試では、今まで頑張ってきたから、自分なら絶対大丈夫と思って臨みました。結果は合格でした。
高校入学後は部活と勉強をしっかりと両立させたいと思っています。そのためにも、入学前から高校の勉強内容を始めました。勉強をするという習慣を、高校生になっても続けていきたいです。
後輩の皆さん、つらくて逃げ出したい時もあると思います。時には逃げ出してもいいです。でも、少しずつでも勉強をしていってください。その積み重ねが最後にはきっと実を結びます。一日一日を大切に、頑張ってください。

2017年07月04日更新
04長良 北村春菜

岐阜高校・鶯谷高校

自分の甘さに早く気づく

北村 春菜 (岐北中学校) 中学部

私が本気で受験勉強を始めたのは、合宿に参加してからです。合宿に行くまでは、自分で限界を決めつけていました。しかし、合宿で自分よりも努力している人をたくさん見て、自分が自分に甘いということに気づきました。その後は、毎日五時間勉強することを目標に頑張りました。勉強する中で、自分が分からないままにしていたことにたくさんぶち当たり、できるようにするのがとても大変でした。私は、自分だけでは理解できないことは全て質問して、苦手なところや理解が完璧にできていなかったところをゼロに近い状態にしました。また、直しをこだわってやりました。できなかったところは二回目にやった時、必ずできるようにするという意識を持って公立模試や百戦錬磨の直しをしました。
私はたくさん弱点をそのままにしていたので、つぶすのにとても苦労しました。だから、後輩の皆さんは、分からないことをそのままにしておかず、質問したり自分で似た問題を解いたりして、中三になって苦労しないようにしてほしいです。また、自分の甘さに早く気づいて、早いうちから頑張れば志望校に合格できるので、きちんと自分に向き合って頑張ってください。

2017年07月04日更新
05岐阜 林青

海陽中等教育学校・北嶺中学校・岡山白陵中学校・滝中学校

サイクルをしっかりと定め、それを毎日守る

林 青 (岐阜聖徳学園大学附属小学校) 小学部

僕の勉強法は、頭のいい人に質問をしたり、分からない人に教えることで復習をしました。一日でもサボると忘れてしまうので、コツコツと頑張りました。僕は塾に行かない日も、ずっと勉強を続けました。でも、ずっと勉強をしていると大変なので少しは休まなければいけません。寝る間を惜しんで勉強するのはいいことですが、記憶が整理されないので、きちんと寝てほしいと思います。サイクルをしっかりと定め、それを毎日守ることでいい勉強ができます。ほとんどの人に停滞期が訪れます。それで悲観的にならず、諦めずにやってほしいです。コツコツとやることで身につきます。一気にやっても一気に抜けるだけです。そうなると、中学でついていけなくなります。だから、コツコツと勉強してください。

2017年07月04日更新
06ホロン長良 田中陽

南山中学校・鶯谷中学校

挑戦が合格へとつながる

田中 陽 (長良東小学校) 小学部

僕が本格的に受験勉強を始めたのは小六の春からでした。受験しようと思ったきっかけは、家族の勧めです。
「中高一貫校に行けば、大学に的を絞って勉強できるし、一生の友だちができるよ」
一生の友だちもできて、大学に向けて勉強できるなんていいな、と思い、受験を決めました。
しかし、現実は厳しくて、最初に他の塾へ行った時は、「今からだと、一日中勉強しても合格は難しいよ」と言われました。それでも、ホロンに行ったら、「まだ可能性がある、頑張れ」と言ってもらえました。僕は可能性を信じて夢中で勉強をしました。最初の過去問で解けなかった問題が、二回目に解けるようになるのがうれしくて何度も何度も過去問を解きました。
そして、合格を勝ち取ることができました。ここまで支えてくれた家族と先生に感謝しかありません。
最後に、後輩の皆さん。諦めなければ必ず合格できます。一パーセントでも可能性があれば挑戦してください。挑戦が合格へとつながります。

2017年07月04日更新
無料体験授業はこちら