合格実績

旧七帝大 326名

東京大学55名

京都大学71名

名古屋大学40名

大阪大学88名

九州大学36名

北海道大学24名

東北大学12名

国公私立大 医学部医学科 180名

国公立大1,756名

金沢大学92名

富山大学49名

福井大学53名

岐阜大学43名

神戸大学97名

山口大学65名

熊本大学38名

長崎大学45名

早慶 124名

早稲田大学66名

慶応義塾大学58名

明青立法中 218名

明治大学58名

青山学院大学29名

立教大学18名

法政大学53名

中央大学60名

関関同立 1,710名

同志社大学369名

関西学院大学424名

立命館大学522名

関西大学395名

合格体験記

001

岐阜高校・滝高校・鶯谷高校

間違えた問題を次は絶対に間違えない

山田 純暉 (本荘中学校) 中学部

僕は中二の春に能開に入りました。初めは能開の宿題量が多く、うまくこなしていくことができませんでしたが、講習会などに参加していくうちに解くスピードが速くなり、効率よく宿題をすることができるようになりました。僕が合格できたのは、間違えた問題を次は絶対に間違えないようにしたからだと思います。十月から毎週取り組んだ公立模試を年明けから第一回から解き直し、公立高校の過去問も二回くり返すなど、能開の仕組みをうまく利用しました。実際、公立高校の入試では見たことのある問題が多く出題され、満足のいく点数を取ることができました。能開の宿題は、予習で量も多く、苦しいと思うかもしれません。しかし、それをうまくこなして、自分でプラスαの何か工夫ができれば必ず合格をつかみ取れると思います。一日一日、努力を積み重ねていってください。僕も能開で学んだことを活かして、高校でも頑張っていきたいです。

2018年07月04日更新
001

岐阜高校・鶯谷高校

自分に甘くならず、他の人より努力して苦手を克服する

服部 れいあ (境川中学校) 中学部

私は新中三の春休み講習の時期に能開に入りました。復習としてではなく、予習として宿題をするという能開のシステムに、最初の方は戸惑い、このやり方で本当に分かるようになるのか、と不安に思っていました。ですが、参考書で調べながら時間をかけて宿題を解き、理解した上で先生から授業を受けると、記憶にしっかりと残るようになり、理解をより深めることができました。また、復習をしてビットキャンパスのWeb確認テストをすると、参考書を見て宿題を解いた気になっていて、本当は知識になっていなかったものを見つけることができて、それまで苦手だった理科、社会で、能開でも学校でもどちらのテストでも点数が取れるようになってきました。私は理科、社会が苦手だという自覚があったため、Web確認テストで金を取るだけでなく、五回連続でAを取るという課題を課しました。苦手を克服するためには、自分に甘くならず、他の人より努力することが大切です。自分は何が苦手かに早いうちに気づくことができたら、他の人の二倍頑張らなくても少しずつ努力すれば追いつき、そして得意にすることができます。だから、苦手だと感じるものには目を背けず、早くに手を打って、ぜひ得意にしてほしいです。 無事、高校に合格することができましたが、岐阜高校に入学することがゴールではありません。優秀な助産師になれるように、能開で鍛えた長時間の集中力を武器に、今後も頑張ります。

2018年07月04日更新
001

岐阜北高校・岐阜東高校

メリハリをつけ、復習ノートを作って勉強した

樋口 陽城 (東長良中学校) 中学部

僕が受験勉強を本格的に始めたのは、夏休みの高校見学の時です。説明を聞いているうちに、「岐阜北高校へ行きたい」と思うようになり、必死に勉強を始めました。もともと合格点には程遠かったため、より強く思うようになりました。僕は二つのことを大切にして勉強をしてきました。一つ目は、メリハリをつけることです。やる時はやる、休む時はしっかり休むというメリハリをつけました。やる気の出ない時に勉強をしても、全く頭に入ってきません。だからこそメリハリをつけることは大切だと思います。二つ目は、復習ノートを作ることです。公立模試や公立過去問、百戦錬磨を解く中で、多くの間違いが出てきます。復習ノートを作り、自分なりにまとめることで、自分がどうして間違えたか理解できました。また、入試前の最後の確認にも役立ちました。入試本番はとても緊張します。しかし、能開では、公立模試やEXオープン模試を通して本番と同じような気持ちを味わうことができます。その一回一回を入試本番だと思って解くだけでも、全然違ってきます。その一回一回を大切にして、志望校に合格できるように頑張ってください。

2018年07月04日更新
001

岐阜高校・滝高校・岐阜東高校

限りある時間の中で計画を立て、集中して勉強をする

糸井 日渚 (長森中学校) 中学部

私は小三から能開に入りました。当時の私は勉強を予習するという習慣がなく、能開のシステムに戸惑ったことを覚えています。参考書や辞書で調べたり、兄に質問したりして毎週の宿題をこなしていました。また、私は水泳選手としてスポーツクラブに所属し、毎日二時間以上練習をしています。そのため、周りの人に比べると、学習の時間をあまり多くは取れませんでした。しかし、その限りある時間の中で計画を立て、集中して勉強をすることで内容がしっかり頭に入るようになりました。そして、この力はこれからの生活にも必ず役に立つと信じています。私が受験を意識し始めたのは、中二の冬です。その頃同じスポーツクラブの一つ上の先輩と話していると、受験というワードが多く出てくるようになりました。それを聞いて、来年の自分へのイメージが湧き、受験勉強を始めてみようと思いました。最初は公立入試の次の日の新聞に載っている入試問題を自分の力だけで解いてみました。自己採点をすると、なかなかよい点が取れていました。それが勉強に対するモチベーションが上がるきっかけになりました。その日から約一年間、私は過密なスケジュールの合間を縫って、百戦錬磨や過去問などの勉強を進めました。正直、しんどいなぁと思ったこともあります。しかし、今となっては全てよい経験になったと考えています。受験勉強を通して、私は自分の力のみで動くことも大切ですが、先生方や先輩方の意見を聞いて取り入れることも大切だと感じました。これらの貴重な経験を活かして、高校生活に励んでいきたいと思います。

2018年07月04日更新
001

東海中学校・滝中学校・岐阜聖徳学園大学附属中学校

間違えた問題は必ず口頭で説明する

早川 征克 (岐阜聖徳学園大学附属小学校) 小学部

僕が中学受験への志を持ち、受験勉強を始めたのは小五の夏頃でした。中学受験合宿もそうですが、大きな要因となったのは小学校の同級生たちでした。その姿に心を動かされ、同じ志を持ったのです。 しかし、未熟さゆえに同じ受験生たちのレベルと意思の強さを知らず、初めてテストで対峙した時は、受験の手強さを非常に感じました。ここからその集団の中で位置を確立するために、様々な勉強をしました。例を挙げると、四谷大塚の教材や過去問等の入試対策であったのですが、間違えた問題は必ず口頭で説明するようにしました。これができないと、「分かった」とは言えません。このように学習をしていると、人間は嫌気が差してきます。そのような時の頼みの綱は学校です。学校が、僕の受験を支えてくれた一つだと言えるでしょう。受験前は学校で楽しく過ごすことを、僕は推奨したいと思います。最後に、僕が一番大切にしてほしいと思うのは、出題者の意図を解釈することです。これは、対策でも入試本番でも共通です。その問題の趣旨は、合格の鍵の一つです。そして、つらくなったら合格した自分を想像してみるのもいいと思います。それは、未来の自分です。その未来像を胸に全力で頑張ってください。応援しています。

2018年07月04日更新
無料体験授業はこちら