瞬発力を鍛える 「講習会」 Short Course

「集中豪雨型学習」で短期間に大量の学習に取り組みます

連日の特訓が、揺るぎない自信へと変わる

春休み、夏休み、冬休みの期間で行う講習会は、 大量の学習を短期間でやり切る「集中豪雨型学習」です。 ゼミで学習した内容の中から、特に重要な単元や多くの生徒が苦手とする内容のくり返し学習を行い、万全の体勢で新学期を迎えます。

講習会では、通常は一週間のサイクルで行う、予習、授業、復習、テストを連日行います。宿題もたくさん出ます。子どもたちには大変な負荷がかかりますが、自分の限界に挑戦し、それを乗り越えることで、勉強に対する達成感と揺るぎない自信を勝ち取ることを目指します。

年間スケジュール

講習会では、ゼミで学習した内容の中から、特に重要な単元を中心に学習を進めます。
年間を通して、ゼミ、講習会、合宿での取り組みはそれぞれつながっていて、トータルに学習理解を深めていきます。

講習会学習の進め方

授業

講習会教材を中心に授業が行われます。宿題は必ずやってきてください。
そのテーマについてわかったところ、わからないところをはっきりさせて授業に臨んでください。

テスト

その日の授業で学んだ内容について、どの程度理解できたかを試すテストを実施します。
先生から発表される基準点に達していない場合は、自分の弱点テーマだと考えてよいでしょう。

家庭学習

  • 翌日の「学習内容」を確認しましょう。
  • 学習内容のポイントを、教科書、参考書、辞書などを活用して整理し、理解するように努めてください。
  • 「講習会プリント」の問題に挑戦し、解ける問題、解けない問題をはっきりさせておきましょう。

中3生が冬期講習中にまとめたノート

講習会でやったプリント、テストは全て切り貼りされ、重要な部分や分からない部分は色分けして線を引いたり、ノート右端の余白にポイントや参考書で調べたことをしっかり書き込むなど、独自の工夫がたくさんされています。
ほとんどの教科は5日間の講習会中に2冊以上のノートをまとめています。これだけの学習量をこなせば、講習会後は確実に達成感と自信を感じることができます。

講習会での学習サイクル

教室での学習だけではなく、家庭学習についてもしっかりと指導します。
家庭学習では、その日に受けた授業・確認テストの「復習」と、授業内容をより深く理解するための「予習」を徹底させます。

能力開発センターの4つの柱

  • 継続力を鍛える ゼミ
  • 瞬発力を鍛える 講習会
  • 変革力を鍛える 合宿
  • 本番力を鍛える 模試
無料体験授業はこちら