合格実績

2018年

合格速報

2018年3月23日判明分ティエラグループ合計

合格速報

2018年2月2日判明分ティエラグループ合計

旧七帝大 326名

東京大学55名

京都大学71名

名古屋大学40名

大阪大学88名

九州大学36名

北海道大学24名

東北大学12名

国公私立大 医学部医学科 180名

国公立大1,756名

金沢大学92名

富山大学49名

福井大学53名

岐阜大学43名

神戸大学97名

山口大学65名

熊本大学38名

長崎大学45名

早慶 124名

早稲田大学66名

慶応義塾大学58名

明青立法中 218名

明治大学58名

青山学院大学29名

立教大学18名

法政大学53名

中央大学60名

関関同立 1,710名

同志社大学369名

関西学院大学424名

立命館大学522名

関西大学395名

合格体験記

001

明石北高校・滝川第二高校

迷ったらしんどい方を選ぶべきだ

白江 叶望 (魚住中学校) 中学部

私が本格的に受験について意識したのは、夏休みの高校受験合宿がきっかけでした。今まで真剣に考えたことがなかった私にとって、合宿はとても衝撃的なものでした。起きたら勉強、隙間時間も勉強、夜遅くまでの勉強は正直、よい思い出ではありませんが、行ったことによって意識が自分の中で変化したことは明らかでした。そんな私の経験を踏まえて、後輩の人たちには、「迷ったらしんどい方を選ぶべきだ」ということを伝えたいです。どうせしんどいことをするなら、早めに終わらせてしまった方が気持ち的にも楽になり、やる気も出ると思います。面倒なことをそのままにしておくと、後で苦しくなってしまうので、早めにすることはとても重要だと認識してほしいです。勉強方法は、まずは量のある演習をこなしていき、ある程度できるようになった時に、質を重視すればいいと思います。勉強が嫌だと思った後に、どれだけ踏ん張れるかで伸びも変わるので、その時こそ後輩たちには今まで以上に頑張ってほしいです。合格できたのもホロンの先生方のおかげです。ありがとうございました。

2018年07月04日更新
001

明石北高校・滝川第二高校

先生に質問をすることでより頭にインプットされる

藪林 陸斗 (大久保北中学校) 中学部

僕が本格的に受験勉強を始めた時期は、平日のゼミで公立模試が実施され出した頃です。なぜかというと、毎回、自分の間違えたところを直すことで徐々に克服されていくことによって自信がついていったからです。しかし、これはかなり遅かったと思うので、後輩の皆さんにはもう少し早めに取り組んでいってもらいたいです。僕の勉強法は特別なものではなかったけれど、特に気をつけたのは平日、土曜特訓ともにテストを本気で解くことです。そうすることによって、問題に愛着が湧き、真剣に間違えたものはとても悔しく、二度目の間違いが起きにくくなるからです。あとは、積極的に先生に質問をすることです。僕は受験一ヶ月前くらいからたくさん質問をしました。見て、書くだけでなく、先生に知的な質問をすることでより頭にインプットされるのかもしれません。後輩の皆さんへのアドバイスとして、まずは、記述対策をしっかりすることです。僕たちの入試では偶然出なかったけれど、次から出る可能性もあると思います。あとは、勉強ばかりでなく、遊ぶ時間もそれなりに確保することです。そうすることによって、あまりストレスを溜めずに受験を迎えることができると思います。頑張れっ。

2018年07月04日更新
001

加古川東高校

きちんと間違えたところは調べてからやり直す

内野 萌乃香 (大蔵中学校) 中学部

私が加古川東高校を目指そうと決めたのは中二の時でした。初めははっきりとした理由も分からなかったけれど、オープンハイスクールに行って、覚悟を決めようと思いました。私は模試の判定もよくなくて、何度も諦めそうになりました。特に社会が苦手で得点源だと言われているのに、全然取れなかったです。でも、自分で年表を作ってみたり、分かりやすい言葉で覚えていくことで少しずつ点数はアップしていきました。直前には全部一からまとめることは不可能なので、公立模試やプレ入試などをきちんと間違えたところは調べてからやり直すことが大切になりますので、意識してみてください。最後に、私が加古川東高校を受験することができたのは、家族の支えはもちろんですが、能開の先生方のおかげです。できなくても見捨てずに丁寧な授業のおかげで理解がより一層深まりました。終礼では厳しい言葉も何度かありましたが、励まされたり、もっと頑張ろうと思えました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。 受験生の皆さん、不安は大きいと思いますが、先生方はきっと味方でいてくれるので、頑張ってください。

2018年07月04日更新
001

加古川東高校

能開の先生の授業を受けた後は、どんな問題でも解けそうな気になる

中村 美幸 (宝殿中学校) 中学部

私が「能開」に通い始めたきっかけは、兄が通っていて「能開は楽しいで」と言っていたからです。塾に一度も通ったことがなかったので、すごく最初はドキドキしていました。先生も「怖そうな先生だな」と思ってとてもびっくりしました。でも、実際に授業を受けてみると、説明が分かりやすくて、話しやすくておもしろい先生でした。私は数学が苦手だったけれど、能開の先生の授業を受けた後は、どんな問題でも解けそうな気がしました。担任の先生はいつも優しくて、授業が丁寧でした。何でも話しやすかったです。他にも書き切れないけれど、たくさんの先生方のお世話になりました。どの先生も授業が分かりやすく、とても楽しかったです。先生がしてくれる先生自身の体験談が心に残っています。そういう先生のお話に何度も励まされました。「百戦錬磨」は正直すごく大変でした。しかし、二十回分できたときは達成感を感じました。ノートに一回ずつ先生のコメントがあったので頑張れたと思います。たくさんの支えのおかげで合格できたと思います。本当にありがとうございました。新しいスタートに立ったと思ってこれからも、気を抜くことなく頑張ろうと思います。

2018年07月04日更新
001

白陵中学校・六甲学院中学校・須磨学園中学校・岡山白陵中学校・愛光中学校・ラ・サール中学校

苦手は早めに克服し、高い目標を持つ

立宅 優来 (平岡北小学校) 小学部

僕が本気になって受験勉強を頑張ろうと思い始めたのは、小六の初めの頃でした。それまでは国語がずっと苦手で、得意な算数や理科ばかりを勉強して、国語はあまり勉強しませんでした。小四の頃はまだ国語の成績は少し悪かったぐらいでしたが、小五になると、その悪さが著しく出てきました。偏差値が五十を超えることなんて滅多になく、小五の最後の組分けテストではついにコースが下ってしまいました。これはさすがに悔しく、そこからは心を入れ替えて勉強してなんとかコースを戻しましたが、このまま小六になってしまってはまずいと、やっと思い、そこから本気になりました。僕の勉強法は、算数では図形をノートに写したり、文章題では文章を丸写ししなくても、要点をまずノートに写すことです。そして、式だけでなく、文字の説明も入れることで、初めて問題を見た人でも分かるノートをつくりました。国語では先生に教えてもらった線引きの仕方などを、とにかく試してみること。そして、算数同様、直しをとにかく丁寧にすることです。僕も、直しでなぜこうなるのか、なぜこの言葉がいるのか、どうやって文をつなげるかなど、詳しいことを追求することで、週テストの点数が少し上がったことがあります。理科では暗記系は必ずテストで取ることです。暗記系は「覚えるだけ」でできるので、そこできちんと点を稼いでおかないといけません。計算問題は公式を覚えこむよりも、まずは経験を積むことです。経験を何度も何度も積み重ねる以外に計算問題ができるようになる方法はないと思います。後輩たちに伝えたいことのまず一つは、僕のように小六になってから苦手科目に苦しむようなことになってほしくないということです。まだ入試まで時間のあるうちに克服しておいてください。もう一つは、「目標は高く」ということです。低い目標を持っていると、勉強のレベルまで低くなり、その「低い目標」さえも突破できなくなってしまいます。最後に、入試本番の時は、とてつもなく緊張すると思います。実際、僕もそうでした。でも、そんな時は今まで苦しい思いをして受験勉強をしてきた自分を信じてください。もうそれしかないと思います。次は君たちの番なので、自分を信じて全力で受験に向かっていってください。

2018年07月04日更新
001

白陵中学校・滝川第二中学校・岡山白陵中学校

復習は予習よりも大切だ

衣笠 尊 (神野小学校) 小学部

小五の冬期講習会で能開の中学受験科に入りました。本格的に受験勉強を始めたのは夏くらいの時でした。僕は予習などの宿題や提出物などをあまり出せていなくて、担任の先生に気合を入れられました。また、夏の中学受験合宿の模擬入試で落ちてしまったからというのもあると思います。その時から僕は中学受験勉強に取り組んだと思います。僕の勉強法は自分に合った問題よりもさらに上の問題を解いて完璧に覚えることです。完璧に覚えるために、先生に質問をなるべくしました。あと、休む時は全力で休んで、やる時は全力でやることです。しっかり集中して勉強をすると、人は一時間も集中が持たないので時々休むようにすればいいと思います。後輩にはまず提出物の期間をきっちりと守ってほしいです。一度くり返してやるテキストの期間を守らないと、次にやろうとしても前までやっていなかったから、すごく時間がかかり、また期間が守れないとループするので、きちんと提出物を出してください。そして、復習は予習よりも大切だから、直しは式、答えだけでなく解き方や図形、公式などを書いておくことが必要です。以上のことをすると確実に力はつくと思います。

2018年07月04日更新
001

淳心学院中学校・岡山白陵中学校・岡山中学校

先行逃げ切りを心掛け、漢字に力を入れる

小林 大悟 (青山小学校) 小学部

僕が能開に入ったのは小一で、受験クラスに入ったのは小四の時です。でも、受験生だと自覚したのは小六の時です。六年間を過ごしてとても大事だと思った行事は合宿です。勉強の日々だけど、あっと言う間に過ぎてしまいます。だからこそ頑張れるのではないかと思います。僕の勉強法は先行逃げ切りです。勉強は後回しにせずに先にやっていけば、復習の時間や休憩の時間などができます。なので、能開の宿題だけでなく、学校の宿題なども先にやったりした方がいいと思います。僕は後輩へアドバイスをするなら、先行逃げ切りと漢字です。僕は受験した学校の中で半分以上漢字を埋められたテストはありません。その分は算数で補ったのですが、僕はとても後悔をしています。その後悔をしてほしくないので、僕はアドバイスとして言いたいです。なぜなら、その一点が合否に関係するからです。これから受験する皆さん、中学受験はとても大変だけれど、頑張って乗り越えてください。そして中学受験は通過点だということを頭の隅にでも置いておいてほしいです。

2018年07月04日更新
無料体験授業はこちら