合格実績

2018年

合格速報
合格速報

旧七帝大 326名

東京大学55名

京都大学71名

名古屋大学40名

大阪大学88名

九州大学36名

北海道大学24名

東北大学12名

国公私立大 医学部医学科 180名

国公立大1,756名

金沢大学92名

富山大学49名

福井大学53名

岐阜大学43名

神戸大学97名

山口大学65名

熊本大学38名

長崎大学45名

早慶 124名

早稲田大学66名

慶応義塾大学58名

明青立法中 218名

明治大学58名

青山学院大学29名

立教大学18名

法政大学53名

中央大学60名

関関同立 1,710名

同志社大学369名

関西学院大学424名

立命館大学522名

関西大学395名

合格体験記

006

金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高校

先を見据えた学習を心掛けて頑張る

吉崎 萌流 (金沢大学人間社会学域学校教育学類附属中学校) 中学部

私は小三の時に能開に入りました。毎週能開で勉強をし、中学受験を経て今回の高校受験に至りました。いつから受験勉強を本格的に始めたか、この質問に私自身答えはないと思います。日々の勉強を着実に習得することが、受験につながっていくと、私は考えています。そのため、学校で課されるワークやレポートは、自分が理解できるまで行いました。その積み重ねが合格のための糧になりました。私には小学校の頃からよきライバルがいます。常に彼女を超えることを目標としてきました。しかし、テストの結果ではことごとく惨敗。その悔しさが私を奮い立たせました。しかし、中三の夏、私の考えが変わりました。ある先生が、中学校の勉強でライバルを超えることよりも、その先を見据えることの方が大切だと言ってくれました。高校受験は単なる中間点に過ぎません。また、中学校の勉強の先には高校の勉強が待っています。また、2020年から大学入試改革が始まります。私はそれから先を見据えた学習を目指すと決めました。ライバルは自分を高めるよい存在ですが、そこに固執しすぎるのではなく、先を見据えた学習を心掛けて頑張ってください。

2018年07月04日更新
006

金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高校・星稜高校

合格には全てにおいて手を抜かないことが大事だ

窪 泰貴 (金沢大学人間社会学域学校教育学類附属中学校) 中学部

僕が能開に入った時期は、小六の時です。能開のおかげで金大附属中学校に入ることができ、中一の時から金大附属高校を受験することを視野に入れて勉強してきました。でも、今からでも遅くありません。受験直前のラストスパートが大切です。能開の行事で一番よかったものは、中三の時の冬期講習会です。中三の冬期講習会では、金大附属高校の過去問八年分をくり返し解きました。くり返し解く中で、少しずつ理解することができました。 僕がスランプだった時期は、中二の時です。部活動が忙しくなり、勉強時間が徐々に減ってしまいました。その時、一日数分の隙間時間に勉強をすることで乗り越えました。
僕が考える金大附属高校に受かるために必要なことは、「全てにおいて手を抜かないこと」です。副教科だから、学校の行事だから、生徒会活動だからと、手を抜いていると、後で必ず後悔します。自分でできそうなこと、自らの力を活かせそうなことを見つけて挑戦してみてください。必ずあなたの役に立つと思います。あなたが合格できることを願っています。頑張ってください。

2018年07月04日更新
005

金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高校

能開で身につけた継続する力が役に立った

紺谷 真里 (金沢大学人間社会学域学校教育学類附属中学校) 中学部

私は小四の時から能開に通い始めました。小学生の頃は金大附属中学校の受験合格のためにずっと頑張っていました。能開の宿題は多く、大変でしたが、毎週疎かにすることのないよう取り組んできました。おかげで金大附属中学校に合格し、私には継続して取り組む力が身についたと思います。中学校に入ってからは、学校行事、テスト、部活動が忙しくなり、小学校の時とは比べ物にならない程だと感じるようになりました。能開の宿題を全て完璧にやり切ることができず、未だに手をつけられていない教材もあります。しかし、三年間を通して学校行事、テスト、部活動、学校の宿題は絶対に手を抜きませんでした。その積み重ねが金大附属高校合格につながったのだと思っています。そして、小学校の時から能開で身につけた継続する力が役に立ったのだと思っています。これから、大学入試や就職に限らず、忙しく大変なことはもっと増えてくると思います。しかし、能開に通った六年間でついた継続する力を活かして、前に進み、自分の行きたい道を歩めるよう努力し続けます。後輩へ。どんな勉強をしようと、どんな環境であろうと、結局は自分次第です。自分がやりたいと強く思っているのなら、きっとできるはずです。

2018年07月04日更新
004

金沢泉丘高校・星稜高校

応援を無駄にしたくないという気持ちに自分が支えられた

芝 真梨奈 (兼六中学校) 中学部

私が本格的に受験勉強を始めたのは、中三の十月に能開に入ってからです。それまでは志望校に受かりたいという気持ちはあったものの、完全に受験モードにはなれませんでした。能開に入ってから、志望校合格を目指して頑張る仲間の姿を見て、私の気持ちも一層強まり、受験勉強を本格的に始めることができました。志望校合格までの道程は困難でしたが、今となっては能開に入ってよかったと思います。 私は能開でひたすら問題演習をしながら、その時に間違えた問題を家で解き直しするという勉強方法を続けました。能開から出る宿題を地道にこなしていけば、自然と成長していくことができると思います。百戦錬磨もとても役立つので、何度もくり返して解いてみてください。私は志望校合格まで、常に周りの人に支えられてきました。そんな人たちの応援を無駄にしたくないという気持ちに、さらに自分自身が支えられました。自分を応援してくれる人がいるということを必ず忘れず、志望校に合格したいという気持ちを大切にしながら、これからの勉強を頑張ってください。応援しています。

2018年07月04日更新
003

小松高校・星稜高校

毎日の積み重ねが大きな力になる

輪総 姫 (国府中学校) 中学部

私は部活引退後、能開に入りました。初めは、能開のペースについていけず、苦しいこともありました。でも、そこで自分が頑張れそうなことを精一杯できたことが合格につながったのだと思います。分からないところは先生に聞き、苦手なところは演習道場で克服できるように頑張っていました。たくさん勉強しても、思うような結果が出なかったこともありました。でも志望校に合格したいという思いが非常に強かったので、最後まで諦めずにくり返し問題を解き続けました。自分一人では受験を乗り越えることができなかったと、私は思います。能開での学びと先生方の支えがあったから、私は自信を持って入試に挑むことができました。受験生の皆さん、今自分ができることを精一杯取り組んでください。努力は必ず報われます。毎日の積み重ねが、きっと大きな力になると思います。入試当日、何より大切なことは、自分を信じ、「自分ならできる」という気持ちを持つことだと思います。受験生の皆さんを応援しています。頑張ってください。

2018年07月04日更新
002

金沢大学人間社会学域学校教育学類附属中学校

今までの努力を自信に変えて力を出し切る

小川 夏芽 (中条小学校) 小学部

私は合格発表の掲示板を見て、自分の受験番号があったのを見た時、とてつもなくうれしかったです。夢かもしれないと思うぐらいうれしかったです。この思い出は今までの中の思い出で一番になりました。私が本格的に受験勉強を始めたのは、小五の春休みでした。でも今からじゃ遅いかもと思い、不安を持ち始めました。しかも、ティエラオープン模試は「C」判定、夏休みの受験合宿では不合格、金大附属中学模擬入試でも「C」判定。さらには、附中実戦模試は「D」判定。もうだめかもしれないと思ったけれど、私は諦めず受験勉強に取り組みました。受験一週間前に日ゼミでやる金大附属中学模擬入試のやり直しや、自分の苦手な科目を集中してやることで当日を迎えました。 受験当日、緊張したけれど、ゆっくり落ち着いて今まで頑張ってきた自分を信じて、楽しみながら受けました。 そして結果、合格という道を切り拓き、喜ぶことができました。私の経験からアドバイスできることは、テストの結果が全てではないこと。受験一週間前に、テストのやり直しや苦手をなくすこと。今までの努力を自信に変えて、当日、力を出し切ることです。 そこで一つ忘れてほしくないのは、不合格の人がいること。不合格の人の存在を忘れずに気配りをした方がいいと思います。

2018年07月04日更新
001

金沢大学人間社会学域学校教育学類附属中学校

能開を信じ、自分を信じ、努力する

柳 靖奈 (朝日小学校) 小学部

私は念願が叶い、金沢大学附属中学校に合格することができました。それは、いつも親身になって様々な相談に乗ってくれた先生方と、周りにいる素敵なライバルたちのおかげだと心から思います。先生方はいつも真剣に真正面から話してくれます。だから、生徒である私たちも一生懸命にそれに応えようと思います。格好悪いところは見せられないと思わせてくれるところが、「能開の強さ」だと思います。また、能開には頑張る友だちがたくさんいます。追いつき、追い越せと一緒に成績を上げていきました。そして一番力をつけられたのは、「合宿」です。一日のほとんどを勉強して過ごしました。自分の弱点がよく分かり、合宿をきっかけに「読書」を始めました。推薦図書から始め、受験に出やすい本を月に五十冊以上読みました。読むスピードを意識すること、登場人物の気持ちを想像して読むことが大切です。能開を信じ、自分を信じ、努力すれば、きっと大丈夫です。一緒に頑張りましょう。

2018年07月04日更新
無料体験授業はこちら