2020年 大学入試改革 innovation

大きく変わる大学入試

 2020年から大学入試センター試験に代わり、「大学入学共通テスト」が新たに導入されます。これまで主に判定されていた「知識・技能」に加えて、「思考力・判断力・表現力」「学びに向かう力」も重視されるようになり、入試で選抜に使われる材料が多様化します。
 また英語は、使える英語を身につけるため、積極的に英語の技能を活用し、考えを表現できる力も含めた4技能(聞く・話す・読む・書く)で評価されるようになります。国語と数学では記述式問題が導入され、データや図、会話文など複数の情報を読み取って解釈し、考えをまとめて表現する力が問われるようになります。

新しい大学入試のポイント

新しい大学入試で問われる力とは?

 新しい大学入試では、「①知識・技能(何を理解しているか、何ができるか)」、「②思考力・判断力・表現力等(理解していること・できることをどう使うか)」という従来よりもさらに発展・深化した「学力評価」に加え、それらを基にして「③学びに向かう力・人間性等(よりよい人生をどう送るか)」といった、いわば「人物評価」的な要素も盛り込んだ、総合的合否判定がなされるものへと大きく変わっていきます。

学力の三要素

大学入試に先駆け、公立高校入試の難化が顕著に

 大学入試改革に先駆け、公立高校入試においても2015年頃から「考え方を説明する問題」や「思考力を要する問題」が出題されるようになりました。さらに「英語のリスニングの配点アップ」なども行われ、各都道府県の入試で実に様々な変化が起こっています
 これらの変化は予告なしに突然行われたケースもあります。入試本番でしっかり対応できるように今から対策を練っておく必要があります。

英語は「聞く・話す・読む・書く」の4技能が判定されます

英検などの民間検定試験を導入

 新しい大学入試で最も大きく変わるのが「英語」です。これまでの入試では主に「読む力」「書く力」が判定されていましたが、新たに「聞く力」「話す力」を加えた4技能が判定されるようになります。
 英語の4技能を判定するために、「大学入学共通テスト」では「英検などの民間検定試験」が従来のマーク式試験と併用で導入されることが決まりました(2024年度からは民間検定試験のみに)。

小学校の「英語」は2018年度から先行実施

 この流れを受けて、小学校の英語も大きく変わります。2020年度からの新学習指導要領で、これまで小5・小6で「外国語活動」として行われていたものが、小3・小4に前倒しされます。さらに、小5・小6では、国語、算数、理科、社会と同じ「教科」としての英語がスタートし、成績評価が行われるようになります。
 ただし、2020年度までの2年間は移行期間であるため、市区町村の取り組みによっては子どもたちの英語力に大きな差が生じることが懸念されています(授業時間、教材選定などの問題)。

記述式問題への対策がこれからは必須に

 「大学入学共通テスト」の国語・数学に記述式問題が導入されることが決まりました。国語は80~120字程度で答える問題を3問程度、数学は数学Ⅰの範囲から3問程度出題される予定です。
 また、大学入試にとどまらず、前述したように多くの公立高校が入試に記述式問題を導入しており、今後の学習において記述式問題への対策は必須となります。
 「思考力・判断力・表現力」の土台づくりのために、多くの文章に触れ、視野を広げ、論理的思考力を鍛える練習を今からしておく必要があります。能力開発センターではそのための対策講座を開講しています。

tesuto

「英語4技能」の習得を目指します。 「記述式問題」の対策を行います 「難関大合格特訓プログラム」があります 「合宿教育」で「人間力」を育てます
無料体験授業はこちら