合格実績

2018年

合格
合格

公立高校

山口高校37名

徳山高校17名

防府高校10名

宇部高校11名

下関西高校5名

山口中央高校5名

下関南高校3名

小野田高校1名

下松高校2名

豊浦高校4名

西京高校1名

徳山工業高等専門学校7名

宇部工業高等専門学校1名

大島商船高等専門学校1名

旧七帝大 326名

東京大学55名

京都大学71名

名古屋大学40名

大阪大学88名

九州大学36名

北海道大学24名

東北大学12名

国公私立大 医学部医学科 180名

国公立大1,756名

金沢大学92名

富山大学49名

福井大学53名

岐阜大学43名

神戸大学97名

山口大学65名

熊本大学38名

長崎大学45名

早慶 124名

早稲田大学66名

慶応義塾大学58名

明青立法中 218名

明治大学58名

青山学院大学29名

立教大学18名

法政大学53名

中央大学60名

関関同立 1,710名

同志社大学369名

関西学院大学424名

立命館大学522名

関西大学395名

合格体験記

001

防府高校・野田学園高校・誠英高校

やり直しの大切さを知った

内田 帆春 (右田中学校) 中学部

私は中三の夏に夏期講習会に参加し、周りの中三がどれだけ必死に勉強をしているかを知り、私がまだ全然勉強をしていなかったことに気づかされて、コツコツと受験勉強をするようになりました。私は夏期講習会が終わってすぐに、能開に入りました。毎週、公立模試が行われ、宿題には大量のやり直しと百戦錬磨があり、とても大変でした。しかし、何度も大量の問題を解いていくことでスピードが上がってきて、自信につなげることができました。時にはやり直しが面倒だと思うこともありましたが、入試前日にやり直しをして分からないところを先生に質問したら、入試当日、質問をした問題がほぼそのまま出たのです。この時、私はやり直しをしていてよかったと思い、それと同時にやり直しの大切さを知ることができました。また、社会特訓で出された問題は全て暗記し、入試直前まで確認をして試験に挑みました。すると、さっきまで確認していた問題が多く出ていました。私は高校入試を通して、先生の言われた通りのことをやってきて、先生のことを信じてきて、本当によかったと思いました。

2018年07月04日更新
001

山口高校・徳山工業高等専門学校・青雲高校・野田学園高校

勉強は継続性がいり、毎日やったことの積み重ねだ

岩本 尚人 (山口大学教育学部附属山口中学校) 中学部

僕が本格的に受験勉強を始めた時期はありません。なぜなら、きちんと勉強して基礎をしっかりとすれば、高校受験では大丈夫だからです。しかし、勉強というものは継続性のいるものです。毎日やったことの積み重ねになります。だから少しでも怠ると、あとに溜まってとても大変なことになると思います。受験期に焦らずに過ごすためには、ある程度日々の積み重ねが必要です。そのためにも毎回の能開の日ゼミはとてもよいものでした。たとえ忙しい週でも宿題を提出することは、勉強をする習慣を作る上で大切なものだったと思います。また、勉強と部活の両立も大事です。僕の所属している部は運動部でしたが、塾などで部活を休むことは許されていました。両立するためには寛容な部を選ぶことも一つの方法だと思います。最後に、後輩へのアドバイスとして、「継続こそ力なり」という言葉を贈ります。前に書いてある通り、勉強とは継続性のあるものです。苦しんでいる人も、頑張れば何とかなると思って勉強してほしいです。

2018年07月04日更新
001

徳山高校

後悔しない勉強をすることが志望校合格につながる

井川 明香里 (秋月中学校) 中学部

私は文化際まで部活があったので、みんなよりも少し後れを取っていたと思います。その分、夏休みの能開の行事に力を注ぎました。講習会では一日部活があったので、宿題をする時間も少なく、睡眠時間が二、三時間になることもありました。この時、限界は決めてはいけないと思いました。合宿では自分より上のレベルの人からの刺激を受け、一点の重さに気づかされました。これらの能開の行事に参加したことは、受験勉強をする上で、自分の支えになりました。また、公立模試や百戦錬磨で問題数をこなすことで、自信にもなりました。復習をする時は、間違えた問題だけではなく、その問題に関連することをまとめ、解説をしっかり読むようにしていました。苦手な単元は、基本に立ち返ったりして、解けない問題をなくせるようにしました。ライバルは、お互いを高め合うための大切な存在になりました。最初は勉強量に慣れなかったけれど、それを乗り越えると、勉強に楽しさを感じることもありました。勉強を嫌だと思わず、自分の目標に向かって前向きに取り組むことが大切だと思います。そして、努力を積み重ねて、後悔しない勉強をすることが志望校合格につながると思います。

2018年07月04日更新
001

徳山高校・野田学園高校

社会特訓で基礎が固められた

中村 美宥 (国府中学校) 中学部

私は中一から能開に通っていましたが、本格的に受験勉強を始めたのは高校受験合宿に行ってからでした。私はその合宿の模擬入試で不合格を体験しました。貼り出されたボードに自分の番号がなかったのを見た時は、ショックでした。でもそれをきっかけに勉強へのエンジンを掛けることができました。今でもあれはよい経験だと思っています。そして、年末特訓のテストが苦手教科と得意教科にはっきり分かれていたこともよく覚えています。 私はとにかく社会が苦手でした。本当に苦手でした。そんな私でも三学期に地理から公民まで全ての教科書を隅々まで読むことで、だいぶ得点源になりました。そして、本当に私が感謝しているのは、社会の先生の社会特訓です。基礎が分かっていない私にとって、本当によい勉強になりました。合格した今、新学期のことを思い浮かべるだけで楽しいです。受験前は体力的にも精神的にもつらいけれど、三月まで頑張れば必ず終わります。苦労はするだろうけれど、しなかった時の後悔はそれの何倍もあると思います。長い人はあと二年、短い人はあと一年、周りへの感謝を忘れず、自分のできることを全てやり切ってください。応援しています。

2018年07月04日更新
001

慶進中学校・梅光学院中学校

合宿の時の失敗、後悔は受験の道へと導いてくれた

岩瀬 百々香 (藤山小学校) 小学部

私は小三の冬から能開へ通い始めましたが、受験勉強を本格的に始めたのは、小六の夏、受験合宿へ行った時からです。その時の模擬入試で、私は不合格という結果に出会いました。不合格と分かった時、私はもうこれ以上後悔したくない、と思い、本格的に勉強を始めました。通常のゼミの宿題をすることも精一杯だった私は、能開の授業の合間、演習時間に参考書の問題を解き、家では過去問を数年分解きました。また、疲れている時などは、参考書を端から端まで読みました。読むだけでも覚えることができればよい、と言って、マーカーや付箋で少し楽しく勉強しました。さらに、やり直しは徹底して余白をなるべく埋めていきました。私の中で、合宿の時の失敗、後悔は、受験の道へと導いてくれた経験でした。また、受験直前にあった年末特訓もそのうちの一つです。少しでも怠けたら落ちるという覚悟で臨みました。だから、お正月から受験前日まで気持ちが揺るぎませんでした。受験を突破するには、自分に勝つことが大切だと思います。そのためには涙とも出会います。でも恐れずに受験と向き合うことで合格の二文字が見えてきます。

2018年07月04日更新
001

下関中等教育学校

目の前の問題を極めろ

東辻 黎 (王江小学校) 小学部

私が本格的に受験を決め、勉強を始めたのは十月からです。決めたきっかけは、九月の学校説明会に参加したからでした。部活動や、海峡学、英語をしっかりと学べることが、「受験しようかな」という思いを「受験してこの学校に入りたい」という気持ちにさせてくれました。私は勉強する時に、国語、理科、社会、算数と文系のものと理系のものを交互にやってみたり、疲れてきたら少し伸びをして机に向かったりしています。分からないところは、先生に質問したり、参考書を開いて問題の答えを出すヒントを探したりしています。難しい問題も多く、分からなかったところもありましたが、分からない問題の答えを出すことができると、とてもうれしいです。「目の前の問題を極めろ」という先生の言葉をしっかり守っていけるようにしたいと思います。次の受験生の皆さんにも、受験から逃げないで諦めずに頑張ってほしいです。そして、目標に向けて、勉強を続けられるようにしてほしいです。

2018年07月04日更新
無料体験授業はこちら