合格実績

2019年

合格速報

2019年1月21日判明分ティエラグループ合計

合格体験記

001

藤島高校・北陸高校

やったらやった分だけ点数が伸びる

中本 百香 (福井大学教育学部附属義務教育学校) 中学部

私が本格的に受験勉強を始めたのは、部活を引退してからです。そのきっかけは、周囲の環境が変化したことです。部活が終わり、みんなが真剣に勉強をしていて、「自分もやらなければ」という気持ちになりました。中二の頃の私は能開に通っていましたが、ほとんど勉強していませんでした。そんな私が今このように合格体験記を書くことができているのは、能開のみんなと先生方がいたからです。先生方からはたくさんのアドバイスをいただきました。その中でも私が合格に役立ったと思う勉強法は二つあります。一つ目は暗記ノートです。このノートは持ち運べる小さなもので、自分の苦手なことだけを書き込みます。本物の自分だけの参考書のようで、とても役に立ちました。二つ目は勉強する教科のバランスを考えることです。私は数学が苦手で英語が得意だったので、百戦錬磨は数学を三回、英語を一回で行っていました。その結果、数学の点数は上がりました。 最後になりますが、私はこの受験期で、やったらやった分だけ点数が伸びるということを実感しました。だから、勉強が嫌になってしまっても、努力は必ず報われると信じて、諦めずに勉強をし続けてほしいです。

2018年07月04日更新
001

藤島高校・北陸高校

壁にぶつかった時は自分が成長できるチャンスだ

水野 雄翔 (中央中学校) 中学部

僕は能開の宿題を完璧にするということを常に意識して勉強を続けてきました。特に公立模試や百戦錬磨の解き直しにはこだわっていたと思います。間違った問題は模範解答通りに書けるようになるまで何回も解き直しました。この勉強が合格の要因の一つであると、僕は思っています。また、明確な将来の夢を持っていたことも合格の要因であると思います。夢を持つことで、成績が上がらなかった苦しい時期でもモチベーションを維持できました。そして。高校入試を通過点として捉え、心に余裕を持たせることもできました。 受験に向かう皆さんは、これから大きな壁にぶつかることもあるかもしれません。ですがそんな時こそ、「今は自分が成長できるチャンスなんだ」という気持ちを持って、壁を乗り越えてください。そして、いち早く夢を見つけ、高校に合格するためではなく、その夢を叶えるために努力して自分を強くしていってほしいと思います。中三になると、学校祭等の楽しい行事がたくさんあります。楽しむ時はとことん楽しみ、勉強する時はとことん勉強して、この一年を最高のものにしていってください。頑張れ、受験生。応援しています。

2018年07月04日更新
001

高志高校・北陸高校

問題を多く解くということを意識して勉強した

佐竹 美空 (福井大学教育学部附属義務教育学校) 中学部

私は小六の時から能開に通っていて、能開に来て勉強して、家に帰って宿題をするということが習慣になっていたので、中一、中二の頃はあまり受験を考えていませんでした。しかし、公立模試が始まってからは、今までより点数が取れず、悔しい思いをしたので、ほぼ毎日能開に通い、受験のことを本格的に考えました。私は、問題を多く解くということを意識して勉強しました。百戦錬磨やシリウス、Web確認テストなどの問題を何度も解きました。特にWeb確認ストは、自分が苦手な単元を克服するのに効果的だと思います。また、友だちと教え合うということも大切だと思います。頭の中では分かっていても、人に話すのは難しく、それを人に話すことで自分自身、以前よりも理解を深めることができました。能開に通っている皆さん、受験はつらいですが、能開を信じて頑張ってください。

2018年07月04日更新
001

武生高校・仁愛女子高校

能開の勉強はノート作りが命だ

南部 遥香 (足羽中学校) 中学部

私は七月下旬に部活動を引退してから、本格的に受験勉強を始めました。当時から数学の点数が落ちてきたので、このままではだめだと思い、八月から能開の夏期講習会に参加しました。宿題の量が尋常ではありませんでしたが、周囲のピリピリとした雰囲気が感じられ、とてもやり甲斐がありました。能開に入ってからは、ノートの作り方を工夫するようにしました。公立模試で間違えた問題をコピーしてノートに貼り付けたり、解き方の手順を書いたり、カラーペンを多用して見やすくしたりと、自分のための参考書を作るような感覚で毎週取り組みました。初めはC評価ばかりでしたが、回を重ねる毎にA評価がほとんどになり、モチベーションが上がりました。先生方のコメントが書かれている時もありました。それから私は元気をもらい、「次はもっと頑張ろう」と思えました。入試前日、山のように積み重なったノートと、右肩上がりになった公立模試の点数のグラフを見返しました。これが自信につながり、本番は強気で臨むことができました。能開の勉強はノート作りが命だと思います。自分の弱点と真剣に向き合い、ノートに努力の足跡を残すことが合格に直結します。後輩の皆さん、つらいこともあるかもしれませんが、精一杯頑張ってください。

2018年07月04日更新
001

福井大学教育地域科学部附属中学校

受験は何が起こるか分からないので、きちんと準備する

伊藤 秀真 (明新小学校) 小学部

僕が本格的に受験勉強を始めたのは、小六の四月です。きっかけは、姉に、「そろそろ始めないと落ちるよ」と言われたからです。
勉強法は、自分の苦手なところも得意なところも同じくらい勉強をすることです。僕は漢字が苦手でしたが、得意な算数も頑張りました。最初は四教科だったのに、二教科になったので、とても驚きました。受験は何が起こるか分からないので、とても忙しいです。だから準備が大切です。僕は準備をしていたから受験で合格できたので、準備しないと合格できないと思いました。
後輩へのアドバイスは、一つ目は何が起きても慌てないことです。慌てると勉強に力が入らなくなるからです。僕は焦ってしまい、あまり勉強に力が入らなくなってしまったので、次の受験で絶対に焦らないようにしようと思いました。二つ目は姿勢をよくすることです。姿勢をよくすると、試験官によい印象を持たれます。三つ目は、作文の練習をすることです。僕は作文が苦手で、たくさん練習しました。自分で題を考えるともっと力がつくので、ぜひやってもらいたいです。

2018年07月04日更新
001

高志中学校

能開での経験は自信につながった

井部 翔哉 (下庄小学校) 小学部

高志中学校のことを知って入学したいと強く思ったので、小四の冬から能開に通い始めました。小四、小五の目標は小テストでトップ2。そのためにも予習と復習の両方をしっかり頑張りました。小六の時は自分の欠点を埋めることと、得意科目の知識を深めることに力を注ぎました。 家での予習はノートまとめを頑張っていました。覚えやすいように自分なりの言葉でまとめ、復習する時の時間を少しでも短縮できるようにしていました。受験二週間前からは基本的な知識を確認のつもりでチェックしていました。 家の机の上で勉強するのではなく、「能開」という別のところで勉強することで切磋琢磨できるライバルが見つかりました。Web確認テストや小テストなどで競い合うことで、自分の力を伸ばすことができました。合宿や講習会に参加すると、また違ったライバルにも出会え、さらなるやる気につながりました。能開での経験は僕にとって自信につながりました。そして、その自信を持って臨んだ試験で合格できました。これも先生方のおかげです。どうもありがとうございます。

2018年07月04日更新
無料体験授業はこちら