合格実績

2019年

合格

2019年3月22日判明分ティエラグループ合計

公立高校

熊本高校1名

済々黌高校2名

第二高校2名

第一高校2名

熊本北高校1名

玉名高校9名

八代高校1名

明善高校3名

三池高校2名

伝習館高校6名

有明高専2名

中学

宇土中学1名

八代中学3名

玉名高校附属中学9名

大牟田中学8名

真和中学5名

文徳中学6名

旧七帝大 309名

東京大学50名

京都大学66名

名古屋大学38名

大阪大学88名

九州大学34名

北海道大学24名

東北大学9名

国公私立大 医学部医学科 158名

国公立大1,634名

金沢大学107名

富山大学72名

福井大学45名

岐阜大学46名

神戸大学104名

山口大学34名

熊本大学31名

長崎大学55名

早慶 124名

早稲田大学92名

慶応義塾大学43名

明青立法中 226名

明治大学49名

青山学院大学28名

立教大学26名

法政大学61名

中央大学62名

関関同立 1,458名

同志社大学317名

関西学院大学292名

立命館大学502名

関西大学351名

合格体験記

01

伝習館高校・大牟田高校

常に試験と同じ環境で勉強していくことが大切だ

ジェンキンズさん (宅峰中学校) 中学部

私が本格的に受験勉強を始めたのは、部活動を引退した夏休み前でした。バレーボール部に所属していたので、週末も練習や試合などで忙しく能開の授業は遅れて受けることが多かったです。そんな中、無駄な時間をなくして効率よく勉強ができるように頑張りました。夏期講習会ではテーマごとに重要なところを理解していきました。また応用の問題も解くことで、公立模試につなげることができました。公立模試が始まると、自分の苦手な分野が分かってきました。30分で解かなければいけないという焦りで、最初の頃はケアレスミスが多かったり、時間に間に合わなかったりしました。だから私は、家に帰ってすぐに間違えたところのやり直しをして、さらにそのテーマに関係するところを参考書で調べました。見やすいノート作りを心掛けることで、くり返しノートを見返すようになったと思います。入試が近づくにつれて、公立模試でも緊張感を持ち始めました。そのおかげで、試験当日はいつもの公立模試の感覚で解くことができました。 受験をする時に一番大事なことは、自分が持っているすべての力を出し切るということだと思います。そのためには常に試験と同じ環境で勉強していくことが大切だと、受験を通して学びました。

2019年07月19日更新
06

熊本高校・熊本学園大学付属高校

自分からする勉強へと切り替えることができた

梅古川さん (熊本大学教育学部附属中学校) 中学部

私は受験学年に上がる直前、能開をやめました。しかし、受験も近づいた秋、自分の中でも不安が高まり、いつも生徒に寄り添って指導してくださった能開の先生を思い出し、私は能開に戻りました。能開に戻ってからは、周りの友だちとの差を縮めることや、宿題に追われながらも県の過去問や公立模試を解かなければならず、受け身の状態の勉強が続いていました。この勉強スタイルを続け、特に県の過去問や公立模試を何度もくり返す中でできていないことや、するべきことが分かるようになりました。そして、受験一か月前、先生に相談し、勉強スタイルを自分からする勉強へと切り替えることができました。それからは、分からない全ての問題を調べ、先生に聞き、自分は他の人に説明できることを理解の基準にして取り組んでいると、分からないをなくす、ということができるようになりました。そして、先生方も自分の質問に答えてくださるだけでなく、受験のテクニックや勉強法についてのアドバイスまでしてくださいました。受け身はだめだと言われますが、今回、公立模試のやり直しに力を入れたり、県の問題を何度もくり返していく中で、私自身、初めてその意味が理解できたと思います。もっと早く能開に戻っていれば、宿題もスムーズにこなせ、このことに気づけたのではないかと反省することも多くあります。次の受験生の皆さんには、自分の納得できる勉強法を早く見つけ、夢に向かって自主的に努力していってほしいです。

2019年07月19日更新
02

第一高校・熊本マリスト学園高校

努力の質を高いものにすることが大切だ

安藤さん (武蔵中学校) 中学部

私が夏にあった高校受験合宿に参加していなかったら、この作文を、今書いていないと思います。合宿がきっかけで自分がどれだけ力不足だったのか認識でき、いろいろな新しいことに触れられました。そんな今の自分を大きく左右した、そんな合宿になりました。あの合宿があったからこそ他のライバルに負けないように勉強を始めました。 勉強することにおいて、私は効率を求めました。参考になるかは分かりませんが、勉強の無駄を省きました。その効率を長時間維持するために、こまめに休憩を挟みました。あと達成感を高頻度で味わうような工夫をしていました。友だちとや、誰かが近くにいるような環境で勉強はしませんでした。 努力と結果は比例しないと、私は思います。努力はどんな人でもできます。大切なのは、努力の質を高いものにすることだと思います。また、隙間時間に暗記物に目を通したり、早い時期からこれから何がしたいからこの学校に行きたいと決めて、計画を立てておくと、具体的にやるべきことが見えてきます。これから受験まではあっという間なので、これから頑張っていってください。

2019年07月19日更新
05

第二高校・熊本学園大学付属高校

一週間の勉強の計画を立てることが大切だ

草野さん (楠中学校) 中学部

私が本格的に受験を意識し始めたのは、高校受験合宿です。合宿では、本当の受験のように模擬入試が行われました。その時の私の結果は不合格で、本当に悔しかったし、もう二度と同じ気持ちを味わいたくないと思いました。そのために私は、十月から始まった公立模試でのやり直しを徹底的に行いました。社会や理科などの暗記科目は、図で表したり、赤シートで隠せるように工夫しました。英語では、英文にスラッシュを入れて全文和訳をして分からない単語をなくしました。 また私は、負けず嫌いな性格だったので、周りの友だちには絶対に負けない量と質の勉強をすることを心掛けました。 後輩たちにアドバイスすることは、一週間の勉強の計画を立てることです。能開は基本的に週一回のゼミなので、自分一人で勉強をする時間が多くなります。自分に合っているか、効率はよいか等を考えて勉強することで成績の伸び具合も変わってくると思います。

2019年07月19日更新
03

玉名高等学校附属中学校・熊本学園大学付属中学校

諦めずに頑張れば必ず自分の力になる

坂田さん (滑石小学校) 小学部

僕は小五の頃まではあまり受験について考えたことはありませんでした。でも、小六になって、中学校への進学について考えた時、行ってみて楽しそうだと思った玉名高等学校附属中学校に行きたいと思いました。そして、夏休みにあった中学受験合宿の時から本格的に受験勉強を始めました。玉名高等学校附属中学校の入試問題は適性検査という種類の問題で、資料を基に、それから分かることを考えたり、それに対しての自分の意見や考えを書くのが多い問題です。僕はそれまで何か一つのことについて自分の考えや意見を述べたり、考えたりしたことはあまりありませんでした。なので、最初は少し戸惑い、難しいと思うことがたくさんありました。また、面接も入試の一つでした。僕は面接が苦手でした。なぜかというと、僕は面接ではとても緊張してしまい、大きな声で話せなかったからです。でも、この苦手だったことも、講習会やゼミなどで大事なことをたくさん先生方に教えていただき、自分がしっかり頑張ったことでできるようになり、合格を勝ち取れたのだと思います。だから、苦手だと思うことも自分で諦めずに頑張り続けることで、必ず自分の力になると思います。

2019年07月19日更新
04

真和中学校

自分に価値ある無理をさせる

坂本さん (大江小学校) 小学部

受験モードになった時の緊張感は忘れられません。徹底的に過去問をひたすら解き、分からなかったら質問をし、そして理解できるようにするというのが、能開の受験勉強でししかし、中三の先輩がこれ以上に英単語を単語帳に書いているのを見て、私もやらなければと感じ、理科や社会などの暗記教科の重要単語を単語帳に書くようになりました。でも、これだけ勉強しても合格するか、とても不安でとても苦しかったし、くじけた時もありましたが、家族が応援してくれてとても心強かったです。 そして、どんどん受験勉強をしていく中で、ついに受験当日。思っていた以上に理科が解けず、結果としては合格できましたが、自分が期待していた成績で受かることができず、怒りと悔しさでいっぱいになりました。 しかし、ここまで育ててきてくれて支えてくれた家族、能開の先生、友だちにはありがとうの気持ちでいっぱいです。また、これから受験をしようとしている人たちにアドバイスをしたいことは二つあります。 一つ目は、周りを気にしないことです。私は、周りのみんなを気にしすぎて自分の世界に入り込めていませんでした。なので、皆さんには自分の世界で勉強していってほしいです。 二つ目は、ダラダラと勉強してしまったことです。勉強の効率を上げてメリハリをつけると、勉強したことがすぐに吸収できます。 最後に、受験勉強というものは苦しくて大変です。しかし、それを乗り越えられたからこそ、その達成感を味わえます。そして、合格すると自分に自信がつくし、もし不合格であっても悔しさをバネに、次の高校受験や大学受験につなげることができるというメリットがあります。だから、ぜひ受験にチャレンジして、自分に価値ある無理をさせてみてください。きっとそこには、幸せな未来が待っているはずです。

2019年07月19日更新
無料体験授業はこちら