能開は「英語4技能」の習得を目指します。

2020年度から始まる「大学入学共通テスト」では、英検®などの「民間検定試験」が導入され、英語の4技能(聞く・話す・読む・書く)が総合的に判定されるようになります。またこの変化を受けて、2018年度から小学5・6年生で教科としての英語の学習が先行実施されるなど、小学校、中学校、高校の学習指導要領が順次改訂され、英語の学習が大きく様変わりしようとしています。

能力開発センターではこれらの変化に先行して、中学部の通常ゼミで「Listening & Speaking講座」、小学5・6年生の通常ゼミで「通常ゼミ・英語」を実施します。早い段階から英語の4技能を着実に伸ばし、これからの時代に求められる本物の英語力を身につけていきます。
※英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

中学生は、通常ゼミの英語で「読む力」「書く力」をこれまで通り鍛えながら、2018年度から始まる「Listening & Speaking講座」で「聞く力」「話す力」も養成します。 「Listening & Speaking講座」は、アクティビティを通じて会話形式の学習や音読などを取り入れ、検定試験や入試問題をベースに実践的に英語を学べる授業内容です。

通常ゼミ・英語
(読む・聞く)

日本人講師による英語通常ゼミ授業

Listening & Speaking講座
(聞く・話す)

授業内容

小5・小6の通常ゼミに、本格的に英語が科目として加わります。授業前に音声付き動画で予習をしてから授業に臨みます。ゼミでは、音声付き動画で要点を学習し、予習した内容の理解を深めます。英語の発音を聞いて実際に話すトレーニング(スピーキング)や、単語・熟語・ライティング・リーディング・リスニングの授業とテストを行い、力の定着を図ります。

学習の流れ

Leptonは、英語の4技能をバランス良く養う、能開の子ども英語プログラムです。Leptonでは、4技能を判定する民間検定試験の高得点につながるレベル別テキストを用いて、「聞く・話す・読む・書く」の4つの能力を総合的に学びます。生徒一人ひとりの力に合わせた個別指導で、無理なく着実に、楽しく英語力を身につけていきます。

レプトン授業

まず“聞く”力を鍛えることが何より重要。「テキスト」に基づいて自ら学習を進めます。

聞いたことを声に出して発音する、発音したことを書く、書いたものを読む、という手順を繰り返し、テキストに基づいて学習することで4技能判定民間検定試験に対応していきます。

教材

4技能判定民間検定試験のハイスコアをめざす理想の英語学習カリキュラムを完璧にテキスト化!

4技能が問われる民間検定試験のハイスコアをめざし、それに向けた理想のカリキュラムが体系化されています。スモールステップ教材だから、自分のレベルに合わせて無理なく学習できます。

ワンポイント 英会話レッスン〈10分〉

Lepton授業の始めの10分で、英会話レッスンを行います。ティエラオリジナルテキストを用いて、毎回、一つのキーフレーズを会話の実践を交えて勉強します。授業の中で学んだ英語を実際に使うトレーニングをすることで、「聞く力」「話す力」を伸ばします。

2020年 高大接続改革

  • 「英語の4技能」習得
  • 「自学自習」の姿勢「考える力」
  • 難関大合格特訓プログラム
  • 「人間力」を育てる「合宿教育」
無料体験授業はこちら