AI学習について

AI学習について

すべての子どもたちに、ワンランク上の学びを。最新の「AI・タブレット 教材」を導入。

能力開発センターでは、最新の「AI・タブレット教材」を集団コース、個別コースに導入しています。
「AI・タブレット教材」は、それぞれの生徒の得意、苦手、過去の学習内容などを瞬時に分析し、いま学習すべき最適の学習内容(講義・演習・テストなど)を作成します。AIが提示する内容に沿って学習を進めることで、最短・最速での「弱点克服」「基礎学力の定着」が行える点で優れています。特に、これからの入試や社会で求められる「ワンランク上の数学力」を身につける上で非常に有効な学習ツールです。

集団コース

中学部の数学の指導にAIをプラス

個別コース

高校部・中学部・小学部で活用

いま一番必要な勉強を「AI・タブレット教材」
が常に提示します

「AI・タブレット教材」が優れている点は、それぞれの生徒がどこでつまずいているのかを正確に判断し、そのつまずきまでさかのぼって学習することで、従来の何倍もの効率で力をつけられるところです。

わからない単元がある場合、原因は「それ以前の他の単元(しかも複数)の理解不足」であることがほとんどです。生徒はもちろん、ベテランの先生でさえ、その根本原因を突き止めることが困難な場合もあります。

「AI・タブレット教材」は、データ解析により、この原因を即座に特定。学年や単元の壁を超えてさかのぼり、「①何を」「②どんな順番で」「③どのぐらいの量」やればよいか、一人ひとりに具体的にナビゲーションしてくれます。

必要なことを、必要なだけ、ピンポイントで学習するので、「わかる子」も「わからない子」も圧倒的に伸びていきます。

多くの単元が複雑に絡み合う数学だからこそ、
効率的な学習ができます

「AI・タブレット教材」は、特に数学の学力アップを目指す上で効果的です。

小学校、中学校、高校で学習する算数・数学の単元は、一見それぞれ独立して見えますが、実は複雑につながっています。

例えば、高校の数Ⅰで学習する「正弦定理」は、直前に習う「三角比」の他にも、数Aで習う「三角形の外心」、さらには中学生で習った「三平方の定理」「平方根」なども関係しています。

「正弦定理」を理解するために、これらすべてを一から学習するとなると大変ですが、AIが「わからない単元」を特定してくれるので、必要なところを学ぶだけで「正弦定理」を効率よく理解できるようになるのです。

こうして学習を進めていく中で、基礎がどんどん固まっていくので、新しい単元を学習するときの理解もどんどん早くなります。

先生とAIの最強タッグで、生徒一人ひとりをサポート

AIと聞くと、「AIが人間の先生に取って変わるのか?」と誤解するかもしれませんが、そうではありません。

「AI・タブレット教材」で学習を進めるみなさんを、先生が強力にサポートします。

具体的な学習計画、勉強の仕方や方法のサポート、それぞれの生徒の得意・不得意の分析、定期的な面談での問題解決など、

人にしかできないきめ細かな指導で、目標達成まで共に歩みます。

先生とAIの最強タッグで「わからない」を根本から解決しながら、生徒一人ひとりをていねいにサポートしていきます。