180423最近、若い人たちが頑張っている姿をよく見ます。卓球の平野選手や張本選手、野球の清宮選手、将棋の藤井六段など、世界のトップレベルで戦っていますね。彼らは厳しい競争を勝ち抜いた結果、ようやく現在の立場に立つことができたのです。

ところでみんなの中には、競争って大変だと嫌がる人がいたり、勝った人はいいけれど、負けた人の気持ちはどうなの、と疑問に感じる人がいるかもしれません。でも、競争することには、たくさんのメリットがあるのです。それをいくつか紹介しましょう。

競い合うことで、実力が伸びる
ある実験で、一人でゲームをしたときと、グループで競争してゲームしたときでは、グループでした時の方が良い結果が出たそうです。相手に勝ちたいという気持ちが、一人でするとき以上の力を発揮できたのです。

競い合うことで、自分のことがわかる
競争で相手に勝つには、自分が相手に負けているところをわからなければなりません。それは自分の良いところ、悪いところを考えるきっかけになります。競争することで、初めて自分自身をじっくり考えるようになるのです。

競い合うことで、全体がレベルアップする
競争し合っているグループでは、お互いの相手に勝とうという気持ちが相乗効果を生み、グループ全体がレベルアップします。仲良しグループよりも、緊張感を持ったライバル関係の方が、グループ全体が強くなるのです。

どうですか。競争することも悪くないと思いませんか。でも競争に負けてばかりの人はどうすればいいか? それも大丈夫。競争は一つではありません。勉強もあればスポーツもある、文章を書いたり、物を作ったり。きっとみんなが一番になれるものがあるはず。だから、頑張って一番になろうと思えるものを、早く、たくさん見つけてください。

もうすぐ5月です。第1回のEXオープン模試があります。全国統一小学生テスト、全国統一中学生テストもあります。自分のことをよく知るきっかけにするために、今度のテストを頑張ってみませんか。

180416みなさんは「睡眠負債」をご存知ですか?睡眠不足な状態が続くことによって、疲労が蓄積されて、体に悪影響がでることです。
みなさんの一日の睡眠時間はどれくらいでしょうか。毎日6時間以下の睡眠で熟睡感が得られている人が「ショートスリーパー」、9時間以上の睡眠時間が必要な人は「ロングスリーパー」と呼ばれています。ショートスリーパーは人口の5%くらい、ロングスリーパーは10%くらいを占め、残りの人は6時間半~7時間半の睡眠が必要と言われています。
毎日8時間寝る人と6時間寝る人では、起きている時間の長さに1年間でおよそ1ヵ月分の差が出ます。ショートスリーパーで有名な明石家さんまは平均睡眠時間が2~3時間らしいので、8時間睡眠の人と比べると一年間で3~4ヶ月分起きている時間に差がでます。とはいえ、さんまのような人は極稀な上、とても珍しいので、あまり真似はしない方がいいかもしれません。
さて、ショートスリーパー以外の大半の人たちが、睡眠負債を溜め続けてしまうとどうなるでしょう。睡眠不足な状態が続くことで、睡眠障害まで引き起こしてしまいます。例えば、勉強や部活に打ち込み過ぎる真面目な子は、つい自分の限界を超えて、睡眠時間を削ってしまうため、睡眠障害になりやすい傾向にあるようです。自分はちょっと無理しても平気だと思っている人こそ注意が必要です。

勉強、部活に打ち込むのは素晴らしいことですが、睡眠時間を削りすぎて体を壊しては本末転倒です。規則正しい生活をすれば心も体も元気になり、部活にも勉強にも全力投球できる大きな力を与えてくれます。元気な心と体を保つためにどんな生活をすればいいか、考えてみませんか?

180409先日、高校の同級生に偶然遭遇しました。正確に言うと、街でばったり会った、とかではなく、テレビ番組で見かけました。何気なくテレビのチャンネルを変えようとした瞬間、いきなり知り合いが登場して、思わず固まりました。
高校の美術コースでクラスメイトだった彼。頑張っていることはなんとなく小耳にはさんでいましたが、まさかテレビにまで出る人になっているとは…。ローカル局のとあるトーク番組に出てきたのですが、その肩書は「劇団俳優」。それも、脇役が多いとはいえ、けっこう有名な劇団のベテランと言われるまでになっていました。高校の時からあまり変わっていないし、ところどころ方言が出るので間違いなく本人です。

一緒に美術を学んでいたはずの彼が、なぜ俳優さんになっているのだと、頭に?マークが並びましたが、高校時代、文化祭でやった演劇の出し物で、彼が主役を務めていたことを思い出しました。ただし、自分から積極的にやったわけではなく、男子が数人しかいなかった我がクラスで、ほぼ強制的に決まった配役でした。文化祭の出し物とはいえかなり本格的に取り組んでいて、主役にかかるプレッシャーは相当だったと思います。練習中、さじを投げそうになる彼を何度も見ましたが、本番では見事に主役を演じ切り、クラスは見事最優秀賞に輝きました。
 
文化祭の後、特にお芝居に目覚めたというわけでもなく、なぜかまったく別ジャンルのスポーツ系の進学先を選んでいた彼。どうして演劇の道に進んだのかは分かりませんが、きっと、高校時代に立った舞台の思い出が心のどこかに残っていたことは確かでしょう。強制的に主役に決まり、長いセリフに苦労していたけれど、舞台をやり遂げた喜びやスポットライトを浴びる快感は、自分が歩んでいく道を決める要因になったのかもしれません。同窓会などで会うことができたら、ぜひ詳しく聞いてみたいものです。
 
さて、新しい学年が始まりました。とにかく日々の勉強や部活で精いっぱいだよという人も多いでしょう。しかし、ぜひ怖がらずにいろんなことにチャレンジしてみてください。自分の人生の主役は自分しかいないのだから、その可能性の翼をどんどん広げて、歩む道の選択肢をたくさん作ってください。自分はこれしかないと、決まった枠に閉じこもる必要もありません。思いもよらないところに、自分の人生という舞台を輝かせるきっかけが見つかるかもしれませんよ。

180402ティエラでは、今年もたくさんの生徒が第一志望校に合格しました。合格に至るまでの過程は一人ひとり違いますが、毎年、多くの合格者が「第一志望校に合格できた最大の要因」として挙げていることがあります。なんだと思いますか。
それは「ティエラで出会った仲間やライバルの存在」です。
「同じクラスの○○くんとEXオープン模試で順位を競っていました。毎回負けないことを目標に頑張ることができました」。
「夏の受験合宿は大変でしたが、大勢のライバルたちと競い合う中で精神的にも成長できました」。
「○○さんが毎日自習室に来ていたので、私も毎日来るようなりました」。
「英単語や歴史の用語などをお互いに出し合って勉強したことが効果的でした」。
このように語る生徒がとても多く、受験は決して孤独な戦いではなく、互いに切磋琢磨しながら全員で合格へと向かう「団体戦」なのだと改めて思います。

「人間、自分一人でできることには限界がある。だけど人と力を合わせると、不思議なことに不可能も可能に、夢も現実になっていく。だから、出会う人を大切にするんだよ」。
これは、かつてプロ野球の広島カープに在籍し、鉄人と呼ばれた衣笠祥雄さんの言葉です。
自分一人で学ぶことも大切ですが、他人から学び、良い部分を取り入れることでさらに成長できます。そして、一緒に学ぶ仲間が多ければ多いほど成長スピードは加速します。

春期講習会が終わり、いよいよⅠ期ゼミが始まります。春は新しい出会いがたくさんあります。新しい仲間やライバルとの出会いを大切にし、お互いに高め合いながら力強いスタートを切りましょう。

180326先月、韓国・平昌で行われた冬季オリンピック。日本勢はかつてないメダルラッシュとなり、とても盛り上がりましたね。
その中でも、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手のシングル66年ぶりの大会2連覇の快挙は、強烈なインパクトを世界中に与えました。

「弓の弦を結ぶように、凛とした生き方をしてほしい」と、結弦と名付けられた羽生選手。
幼少から今に至るまで、数々の輝かしい成績を残して順風満帆にキャリアを重ねてきましたが、昨年秋、選手生命に関わる大ケガをしました。
オリンピック代表選出そのものも危ぶまれる中でのぶっつけ本番となった今大会。ショートプログラム・フリースケーティングとも、いくつものジャンプを完璧に決め、ブランクの不安を払拭する圧巻の演技を披露して、見事金メダルを獲得しました。
 
羽生選手は、現在、全日本空輸(ANA)に所属しながら、早稲田大学の人間科学部(通信教育課程)にも在学しています。中学・高校時代の成績はオール5で、フィギュアと学業をきちんと両立してきました。
プーさん愛好家、イヤホン収集家といったお茶目な一面もあり、明るく爽やかな印象の羽生選手ですが、いざリンクに上がると人格が変わったかのような気迫の滑りを見せて、人々を魅了します。全身全霊で魂を込めた演技のあまりに時折見せる鬼のような形相は、男っぽさも感じます。

あるインタビューで、彼は次のようなことを話していました。
「努力はウソをつきます。でも、無駄ではありません。努力の正解を見つけることが大切です。」
“報われない努力はない”とよく言われますが、羽生選手は全く反対の考えでした。実際、オリンピックでは、練習を一番してきた人が必ず優勝できるわけではないし、逆に、一時の勢いで勝っちゃったということも結構あります。
大会後の去就が注目されましたが、金メダルを決めた翌日の会見で、治療期間は必要ながらも、「スケートをやめる気はまだありません。」と、彼は現役にこだわる意思を表明しました。オリンピックでスケートが終ったわけではなく、もっとうまくなろうという想いを持ちながら、努力の正解を探し求めて、新たな旅を続けるのでした。
偶然にも、スピードスケート女子の小平奈緒選手も、「金メダルをもらうことは名誉なことですが、これからどういう人生を生きていくかが大事になります。次の挑戦へ、スタートです。」と、同じような発言をしていました。

今回、ケガを乗り越え、神がかったようなスキルと表現力で不死鳥のごとく復活を遂げた彼の凛とした生き方に、大いなる勇気とパワーをもらいました。
「金メダルはゴールドだけどゴールじゃない。」そだねー。

180319昨日、大阪の万博広場にある太陽の塔の内部が一般公開されるというニュースがありました。大阪万博が開かれたのが1970年ですから、途中で限定的な公開があったとしても、48年前ぶりの公開になります。

大阪万博は1970年に大阪で開かれた博覧会で、77カ国が出展。半年で640万人が来場しました。1日の最高来場者数は83万人という、とんでもない大イベントでした。三波春夫が『世界の国からこんにちは』と万博音頭を歌い、小学生だった私のクラスでも、その年は万博の話でずっと盛り上がっていました。夏休みの自由研究も、ほぼクラス全員が万博をテーマにしたものでした。

万博には私も5回ぐらい行った記憶があります。様々なパビリオン(展示館)のパンフレットや公式ガイドブックは、今でも家に残っています。あの太陽の塔の中にも入ったことがあり、薄暗い塔の中に三葉虫や恐竜、原始人などの模型が展示されて、生命の進化を表現したものでした。エスカレータで最上階まで上ると、太陽の塔の腕の部分から外に出て、万博広場の屋根を通って地上に降りたことを覚えています。

大阪万博のテーマは「人類の進歩と調和」でした。前の年にアポロ11号が月面着陸して持ち帰った月の石やリニアモーターカーの模型が展示されたり、ワイヤレス電話の体験もできました。今では当たり前となったスマホや携帯電話の技術も、これが原点だったようです。

今、世の中の技術の最先端とされる人工知能(AI)も、車の自動運転やスマートスピーカのように、これからどんどん私たちの生活の中に入っていくでしょう。人工知能を使いこなすことで、私たちの生活は更に豊かなものになると思われます。その時に大切なことは、常に勉強(研究)を続けること。最先端の勉強(研究)を続けることで、私達は人工知能に使われるのではなく、人工知能を使いこなす側に立つことができるそうです。小学校でプログラミングを勉強するようになるのもこのためですね。

48年前に予想した未来の技術が今実現しているように、この先も様々な技術が開発され、実現していくでしょう。しっかり勉強して、しっかり使いこなしていきたいですね。

180312今年も東京大学前期試験の合格発表が行われました。日本の最高学府である東京大学の合格発表には、多くの人が集まり、テレビ局や新聞社の記者が走り回るなど、騒然とした雰囲気でした。

そんな中、ティエラ東進の受験生も合格発表を見に来ていました。東京大学の合格発表はインターネットでも見ることができるのですが、やはり自分の目で確かめたいという強い気持ちから、掲示板を見に来ていたのです。

その結果はどうだったのでしょうか。一人の男の子は無事に合格していました。朝から食事が喉を通らないほど緊張していたのですが、自分の受験番号を見つけた瞬間、身体が溶けてしまうほどの喜びを感じ、その場所に座り込んでしまったそうです。

もう一人の女の子は、残念ながら不合格でした。自分の番号がなかったことを確かめると、一緒に来ていた担任の先生のところに報告に来て、先生、ごめんね。あかんかったわ、と悲しそうに言いました。

この二人の様子を見ていて、受験は残酷なんだと改めて思いました。それと同時に、合否の結果を堂々と自分で確かめに来た二人を誇らしく感じました。全力で受験勉強をしてきた二人は、これからも自信を持って自分の人生を切り拓いてくれると信じています。

先週から、大学入試に続いて公立高校の入試も始まっています。この1年間、受験合宿・公立模試・正月特訓などを通じて、受験生の皆さんは合格できる力を充分に身につけています。自信を持って受験にチャレンジしてください。

皆さん全員が合格することを、先生たちは祈っています。

180226みなさん、今日はハサミの話をします。
ハサミを想像してください。
良い切れ味にしようと思ったら何が必要でしょうか。
まず、刃が研ぎ澄まされていることが大切です。
これはみなさんが勉強をがんばる姿勢と同じかもしれませんね。

次に大事なのは、取っ手を握る力です。
これは先生たちの指導の力強さと言えるかもしれませんね。

では、この二つの力だけで良い切れ味は生み出されるでしょうか。
最後に一つ大切なことは二つの刃を止める支点がしっかりしていることです。
ここがゆるんでいたら刃の鋭利さも握りしめる力も活かされません。
これは皆さんの信念になります。

自分の教室で勉強をやっている誇り、気合いが中心にしっかりあることが大切です。
新たな学年がスタートしていきますが、高い目標を持ってがんばりましょう。

180219先生のお祖父さんはブラジル人なのですが、ここで私の第2の母国ブラジル(サンパウロ)について少し紹介させていただきます。
皆さんにとってブラジルのイメージはどのようなものでしょう?
私の中でのブラジルは、明暗がはっきりとした弱肉強食の格差社会です。貧困格差による犯罪が横行し、身体の不自由な方に人々は無関心であり、お金持ちは強い向上心で限りなく上を目指しています。現在の日本では、考えられない事ばかりです。
それでもブラジルの人たちに共通しているのは、「どんな状況に置かれていても、笑顔を無くさない」ということです。「ビバ・ブラジル!」というかけ声のもと、フットボールに魂を傾け、どこからともなく聴こえてくる音楽に乗せてサンバを踊る。そんな中で暮らしていたからなのか、ブラジルの人たちにとって、「笑顔」は無限の可能性と、人々を前向きにする魔法のようなものであると感じています。

ところでみなさんは、能開の教室に日々「笑顔」で来校していますか?
先生が教えている能開の教室では、生徒たちはとにかく笑顔で教室にやってきます。学年による格差もほとんど見受けられません。例えば、小3の生徒が中3の生徒と笑顔で挨拶をしている光景や、休み時間にトイレを譲り合う姿をよく目にします。
当然ですが、そんな中でもお互いに競い合って頑張ることや、そこから得られる結果にこだわりを持つことを、とても大切にしています。

「どんな状況でも困難なときこそ笑顔で頑張る」、この言葉を合言葉に、能開のこどもたちは今日も「笑顔」で自分自身と戦っています。皆さんの教室に「笑顔」の魔法はありますか?

180213皆さんはゲームは好きでしょうか?先生は実は大好きです。休みの日にはPS4をするのが大の楽しみです。ちなみにお勧めは「大神(おおかみ)絶景版」。有名ではありませんが、とても面白いのでぜひやってみてください。

さて今日は、今から約40年前。テレビゲームが誕生して間もないころ、世界中で大人気のゲームを作り続けた会社のお話です。その名も「Atari」。
この会社の作るゲームは当時としては抜群に面白く、アメリカを中心に、出たソフトは売れに売れました。あまりの人気でソフトが不足し、購入まで半年待ち、ということもあったそうです。ゲームといえばAtari。まさに王者、といえる状態でした。
ところがそんなAtariですが、ある年を境に売り上げは一気に減少。今や影も形もありません。一体なぜこんなことになってしまったのでしょうか?

答えは、「ゲーム作りに手を抜き、作るソフトが面白くなくなった」です。面白いゲームを作るには、長い時間とお金、そして知恵と工夫が必要です。しかしAtariは、作るゲームが売れることに油断し、少しずつそれらにかける力を減らしていきました。最初はそれでも、ゲームは売れました。手を抜いても売れる。ならばもっと手を抜こう…。
それをくりかえした結果、運命の一本が誕生しました。1982年に発売されたソフト、「E.T」です。「ジュラシックワールド」など数々の名作映画を生んだスティーブン・スピルバーグ監督の同名の映画で、世界中で大人気になった作品をゲーム化したものです。
Atariはこのゲームに大きな期待を寄せ、このソフトを500万本も生産しました。しかし、いざ発売されてみると、実際に売れたのはわずか150万本。残りの350万本は売れ残り、あまりの在庫の多さに販売をあきらめたAtariは粗大ゴミ処分場に余ったソフトを持ち込み、そのまま埋めてしまったそうです。
このゲームを作るのにAtariがかけた期間は、わずかに1ヶ月。当時のゲームは普通半年~1年かけて作られますから、いかにAtariが手を抜いて成果を得ようとしていたかが分かります。今やこのソフトは「史上最悪のゲーム」と呼ばれ、ゲーム業界をおそった悪夢として歴史に名を残し、Atariもそのまま姿を消すことになってしまいました。

調子のいいときこそ、決して手を抜かず、努力を続けねばならない。勉強でも同じことです。手を抜いて悪い結果が出たときには、もう取り返しのつかないところまで来てしまっています。ぜひ新学年に向け、手を抜かず努力を続けていってください。